スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺のマックス

2011年07月12日 23:26

久しぶりに(というか生配信の新しいゲーム用に)パンヤをやろうとクライアントDLしてみたのだけどが、

アカウントとパスがわからなーーーい!


うーん、公式サイトのID管理などで色々調べてみるも、パンヤのアカウントが出てこない…。
これは消えた…かな?
もしくは大昔に使っていたフリーメールで登録してたのかな。

昔(本メアドは怖いので)アカ登録用にフリメを使っていたのですが、今はサービス停止で使えません。
それで登録してたらもう復帰は無理だなあ…。


ああ、俺のマックス!
裸メットの変態マックス!

いっぱい課金して服とか買ってたんだけどなあ…。
くそう、またもう一度育てるしかないのかっ。


*追記*
ちょっと調べてみたら、私がやっていたのは2005年の8月くらいまでだったみたいです。
アリン来て、シーズン2になる間くらいで辞めちゃったんだよね。

6年か。そらアカウント消えてるよなあ。
スポンサーサイト

未来を作るMMO ルナティア

2009年01月16日 23:56

あれ? なんかヤバい。

ルナティアにハマったっぽい。

09011601.jpg
(ウチのブログの画像は、大抵クリックで大きくなります)


久しぶりの純度100%のクリックゲーが懐かしくて、変にハマってしまいました。
色んな意味で、楽だわ。クリックゲー。


ちょっとブログの更新が滞るかも…っていうくらい、キテます。
なによりこのゲームの良いのは、全てがサクサク進む所。
キャラクターのHPが多い上、それを1発で全回復するポーションが安価で大量に用意されています。
しかも序盤のクエストを普通にクリアしていけば、それが数十本単位でたまります。

1本で全回復するポーションが数十本。もう序盤はお座り回復なんてする必要がありません。
むしろ中盤以降もいりません。
自キャラのHPが多いので連戦可能。しかも瀕死になっても一発で全快。
ストレスなんて感じることなく、サクサクとゲームを進めていけました。
無駄に時間を喰う「お座り回復」が無いってだけで、こんなにもネトゲが楽しいものだとは…。
北斗の拳オンラインにも見習って欲しいですね。


09011602.jpg

どこかでみたような乗り物ペット。
チョコボ? オスタード?

序盤で移動速度アップのペットが手に入ったりと、とにかくストレスを感じさせない作りになっている印象を受けました。
いわゆる「ゆとり仕様」。


ただ…

09011605.jpg


狩場はひどい事になってたけどw

さすがはオープンベータ初日。むちゃくちゃに混んでいてMobの取り合いでした。
この状況をみたシステム側が、「クエスト対象Mobの緊急増量」を行ったのは好印象。
敵の数が二倍くらいになって、まだマシになっていました。
それでもやっぱり足りなくて横殴り取り合い合戦だったけど。


基本料無料のアイテム課金なMMORPG。
ゆとり仕様なので、マゾさ軽減(所得経験値UPやポーション)の為に課金させるのではなく、着せ替えアバターでお金を取っていくスタイルのようですね。
いわゆるFEZ方式かな。
モデリングが可愛い感じなので、そこから入ってきたお客ならアバターにもお金を払うかもしれませんね。
私はペットにカネを使いそう…。
妖精可愛いよ妖精。



っつーか。

09011603.jpg


このウサギのデザインは秀逸だと思う。
ひと目で惚れた。

09011604.jpg



プリマス=ユニオン側でセネカのシーフやってます。
出会ったら、是非パーティを!

とれびあーん

2008年11月24日 22:06

久々にFEZのコミュにログインして日記を読んでいたら、
なんか部隊のメンバーの中で流行ってるネトゲがあるらしい。

面白そうなので、ちょっと私も登録してみた。

travian.jpg
「トラビアン」

いわゆるブラウザ型の箱庭ゲーム。
リアルタイムで時間の流れる世界に複数のプレイヤーがアクセスし、
自分の村(国)を育てて他者と競うゲームです。

もちろん競うだけではなく、メール機能を使った外交で同盟を組んでもよし、
同盟を組んだ振りをして裏切ってもよし(マテ)、
複数の国にいい顔をしながら、実は裏で暗躍しててもよし。

流れる時間が非常にゆったりしているので、1日に数回のアクセスでも出来れば充分楽しめるシステムになっています。
このへんは、箱庭ゲーの長所だよね。


ゲームの基本は、

まず内政。
資源のある土地(森や鉱山など)に人を派遣して改善レベルをあげ、
毎時の資源生産量を増やします。
Lv1ずつ満遍なく上げるのがいいらしい。

ある程度資源が溜まってきたら、今度は街の建物を建設。
様々な効果を持つ建物が色々とあります。
なにはともあれ「隠し倉庫」。資源は死守。

兵舎なども建ったら、兵を生産して街の防御を。
もちろんその兵で他の村に攻撃をしかけても良し。
他の村への攻撃が成功すると、そこに備蓄された資源を強奪できます。
この「強奪」がかなり重要らしい。
トラビアンの世界では、なにをするにも資源が大量に必要なので、
毎時に生産される「村の生産量」だけでは足りなくなるみたいですね。


08112401.jpg
(一番上の数字は、左から「木材、粘土、鉄、穀物」の貯蓄量。一番右は食料の消費量。
特に木材と粘土は重要なんだそうだ。建物建てるのにめちゃくちゃ消費するのよね)


内政をして生産量を上げ、兵を配備して他国から強奪。
その資源でさらに村を発展させ、上を目指す。

こんな箱庭ゲームです。


3つある種族の特徴は、

・ローマン族
土地改善と施設建築を同時に行える、スピード内政タイプ。
強力な兵を持つがコストも最強。家計はいつも火の車。
高速な発展力を生かして生産性を上げ、高コスト高性能な兵を揃えるのがローマの基本。
いわゆる大器晩成型で、成長しきればトップクラスになれるかも。
初期の内は全種族中最弱なので、周りからフルボッコにされる運命にある。
だがそれを乗り越えれば、めくるめく至高の世界がキミを待っているはずだ。
通称「マゾの国」

・ガウル族
防御に優れるヌクヌク内政タイプ。
隠し倉庫の容量が2倍なので、「強奪」に対して鉄壁の防御力を誇る。
「罠」という特殊な設備を設置でき、襲ってくる他国兵を捕まえることが可能。
このおかげで、初期での防御力は全種族中トップクラス。
むしろ誰も攻めて来ません。(隠し倉庫の資源は奪えないので、攻める意味がない)
序盤から後半まで磐石の防御能力で資源を守りつつ、内政に勤しむのがガウルの基本。
最も初心者向きと言われている、通称「ひきこもりの国」。

・チュートン族
ヒャッハー! オンゲの基本は対人戦だぜぇぇぇ! な脳筋略奪国家。
とにかく兵生産のコストが安く、数で押し切る某ソビ○トみたいな国。
軍の配備力は最高だが内政能力は最低なので、「略奪」で資源を得なければ未来は無い。
とにかく略奪。お前のものはオレのもの。オレのものもオレのもの。
さらに相手の隠し倉庫の中身すら(一部)奪えるという、キングオブ略奪王。
ただ防御能力は低めなので、攻める時は強いが攻められると弱い。
とにかく攻めたいドSな人におすすめな、通称「蛮族の国」。
ただし初心者には難しいです。


なーんか、FEZの日記をちゃんと全部読んでなかったんだけど、
どうやらみんなはMAPの北東に村を作ったらしい…?
オ…オレ、みんなと真逆だ…orz


興味をもったら是非(↓)登録! 基本的に全部無料です。
「ブラウザーゲーム トラビアン日本語版」

3鯖の南西で、ボクと握手…!
っつーか誰か…助け合って…。
周りが強国ばかりじゃー。

特殊な力

2008年10月29日 23:38

スペシャルフォースというネットゲームをちょくちょくやっている。
ハンゲのアレだ。

元々はバトルフィールドをやりまくってた人なので、
SF(スペシャルフォース)の「一回死んだら終わり」なシステムに慣れない。
BFは死んでも勢力ゲージが減るだけでいくらでも復活できたしな。
SFでいうチームデスマッチみたいな感じ。

だからSFもチームデスマッチが好きです。
ガンガン突っ込んでガンガン死にます。


やっぱり、もうネットゲームは軽いのがいいわ~。
MMOみたいなガッツリやらないといけないのは、もうキツいんデス。

今日も元気にカラシニコフ(AK47)持って戦場走り回ってます。
っつーか、ハシゴ昇れるんだけど降りれない。
どーやって降りるんだ?
いっつも飛び降りて半死なんだけど。

青天の霹靂

2008年09月22日 23:59

野球つく2~

なんとかメジャーに踏みとどまったのはいいのですが、
シーズン終了して第1ペナントに戻り、これで2度目の「契約期間」更新、
所持していたカードの大半が「契約切れ」で消滅しました。

うーわー。
噂には聞いてたけど、こりゃあマジでキツいわ。
ぶっちゃけ、所持カードの4分の3は消えてなくなりました。

この時のために溜めていたポイントでカードを買い漁り、
なんとかスタメン分くらいの数はそろえたのですが…
適正打順になんか合わせれるわけもなく、
もうガタガタやーw

でもグライシンガー(コスト8、先発)引けたし、
ピッチャーの方はなんとかなるか…な。


って、

08092203.jpg

13連勝で1位キター!


ありえん!


どうやら他のチームもガタガタらしく、
ピッチャーだけはしっかりそろえれた分、ちょっと有利になったようです。

(今のウチの投手陣)
08092201.jpg

っつーか、ちょっとどころじゃないな…。
桶井いるし、グライシンガーいるし。


08092202.jpg
チートクラスの桶井の性能。


本当は先発5番手をコスト1にして、その分を他に回したいんだけど、
もうこれ以上コスト1のカードが無いので出来ず。
総コスト91までしか使えないのがキツい。


とりあえず。
やはり野球はピッチャーですわ。
先発さえしっかりしてりゃ、あとはなんとかなる!

このままトップでいれたらいいなあ…。
まだまだ先は長いけど。

[青天の霹靂]の続きを読む

すりーさん

2008年09月05日 22:21

野球つく2。
メイン(?)チームの方のペナントが終了しました。
これで、ゲームはじめてから4回目のペナント終了。

で、ついにメジャー昇格~!

08090401.jpg

ビギナー、ルーキー、マイナー、メジャーと4つあるリーグの中で、
ついに最高ランクになりました。

08090402.jpg

部屋も豪勢になりましたw

で、はじめてのメジャーの試合を体験。
…えーっと。
…全然勝てる気が…しねーーっ!

まわりはほとんどが課金プレイヤー。
スキルボーナス+4+5はアタリマエー。
超レアカードで「使用枠」を課金ルーレットで入手しないと使えない「レジェンドカード(伝説の選手)」も、ガンガン使われてるのが普通。
\(^o^)/

でも無課金の意地じゃ。
いけるとこまでいってやるゼ!

そいや、レジェンドの「クロマティ」ひきました。
でも使えない。しょうがないけど。
これが、「バース」だったら課金しちゃってたかもしれないなあw


サブチームの方もペナント中盤あたりで、現在2位。
このままいけばこっちもメジャー昇格。
でもやっぱり、マイナーあたりで遊んでるのがいーかもネ。


そういえば、「PSすりーさん」、ついに文庫化するそうですね。
ネットからプロになってく人、本当に多いねえ。
っつーか、版権的に大丈夫なのか? あれw
思いっきりPS3とかコーエーとかセガさんとかWiiさんとか言ってるんだけどw

書き下ろし原稿もめっちゃ分厚い束になってますし、楽しみですね。
っつか、すりーさんのカラーはじめて見たけど、紫なんだ。
ってPS3なんだから紫か。
でもなんかイメージに紫はなかったんだよなあw

メジャーの壁

2008年08月28日 23:46

野球つく2。
もう一方のチームも、ペナント最終日を迎えました。

一時はリーグ降格の危機に陥るも、怒涛の連勝で上位に喰い込んでいけた今期ペナント。
後半の巻き返しを期待してたのですが…


08082701.jpg
(クリックで大きくなります)

おおお!
残り1試合で、現在3位!!


ちなみに順位が赤く光っている「4位以上」がメジャー昇格圏内。
このままなら昇格なんだけど、3~5位が0.5ゲーム差と大接戦。
最後の試合に負けると、一気に5位転落もありえます。


っつーか、

08082702.jpg

最後の試合の相手は、5位のベアーズじゃん!w
という事は、その試合に負けて、さらに4位のトリプルアクセルが勝つか引き分けだと、
ウチのバーズは5位転落。昇格なし…。

こ…これは負けられねぇ。


というわけで、急遽オーダー変更。
最後なのでもう後の事は考えず(実際には終わってもチャンピオンズリーグがある)、
先発ローテーションピッチャーを全部コスト1に変更、
そして対ベアーズ戦の先発に岩隈(☆8)を投入。

さらに余ってるポイントで、試合カードを買いあさる。

試合カードとは、その試合全体に効果を発揮するカード。
遊戯王でいうなら「フィールド魔法」って感じかな。

「サウスポー退治」:左投手相手に打者の能力UP
「連敗脱出」:チームが連敗中、その試合の選手の能力UP
「代打の切り札」:代打の能力が大幅にUP
「真っ向勝負」:ピンチ時のクリーンナップとの対戦時、投手の能力大幅UP

などなど、かなり効果が限定されているので使いづらいのですが、
上手くハマればかなり試合を有利に運べるサブカード。

でも使ってる人はほとんどいません。
効果が発揮しづらいというのもあるんだけど、
1枚500P(選手カードが1枚1000P)と結構高いうえに、
一回のみの使い捨てカードだから。

そんな試合カードを買いあさり、最終日に投入。
あまりいいカードが出なかったけど、「頼れる四番(得点圏にランナーがいる場合、4番の能力UP)」をセット。

これで人事は尽くした…
あとは天命を待つのみ。



で、結果。


08082703.jpg


ボロ負けや~ん\(^o^)/



で、もちろん最終結果も…

08082704.jpg


ハイ、5位。

0.5ゲーム差で、メジャー昇格逃した~~~(TワT)

優勝~

2008年08月23日 23:10

野球つく2。
ルーキーランク、無事優勝~!

最終日の時点で2位と1.5ゲーム差の首位。
全試合終了して2位とのゲーム差が4ゲーム…という、
最後の最後まで大接戦のペナントでした。

マジックでたのギリギリだよw

08082101.jpg


で、その後のチャンピオンズトーナメントでも好調で7連勝。
あと一勝でベスト8進出という所で負けてしまいましたが、
今期は本当に調子の良かったペナントでした。

…って、7回戦で負けた相手がCT優勝してるし!
惜しかったゼ。


マイナーランクの方のチームも、
あれから一気に8連勝しての現在5位。
4位以上ならメジャー昇格なので頑張りたい。

っつーか、中継ぎ重要なのね。
抑えやセットアッパーにコスト使うよりも、中継ぎに良い投手を入れていた方が良いみたい。
ただ、いい中継ぎいないんだよなあ…。

来期、また頑張りたいです。

頑張れ星野ジャパン

2008年08月20日 23:19

は、今日も負けました。
まあ、戦略的敗北っぽいけど…。
今日勝った方が、準決勝トーナメントでキューバと当たるらしいしね。
キューバなんて勝てませんよ、ほんと。


と、いうわけで(?)、
たまにはネットゲームのお話でも。

最近、「野球つく」にハマってます。
SEGAの無料インターネットゲーム「プロ野球チームをつくろう!ONLINE 2」
ハンゲからでも登録できるから、知ってる人もいるんじゃないかな。
(ちなみにハンゲ経由でもSEGA公式経由でも、遊ぶサーバは一緒)


ゲーム内容は、トレーディングカードゲームのプロ野球版です。

実名選手のカードを購入し、オーダーを決め、戦略を指示して、
あとは試合結果が出るのを待つゲーム。
試合には一切関与できず、じっと見てるしかありません。
ファミスタとかとは、そこが違う所。

「自分でプレイできないのに、なにが楽しいんだ!?」って言う人もいるかと思うけど、
「実名選手を使って自分で好きなオーダーを組める」というのが、本当に面白いんだってば!

まあつまり、野球バカ用のゲームですね、これw

あとは、時間に縛られないのもいいです。
一旦オーダー決めて登録すれば、自分で操作は出来ません。
逆に言えば、ずっとパソコンにかじりついていなくてもいいんですよね。
登録してしまえば、ログアウトしてもちゃんと試合は行われるので、
3日に1回ログインしてオーダー調整とかするだけでもOKなんだよね、これ。


ゲームとしても良く出来ていて、
例えば「いいカードさえ集めればそれでおk。要は財力!」って訳でもありません。

カードにはコストが決められており、チームの編成には選手達の総コスト数が「上限」をオーバーしないように制限がかけられています。
例えば、「コスト9」の大物選手を9人そろえたチーム(総コスト数81)はダメだよって事。

さらに選手には「適正打順」が設定されていて、それから外れると「打線のつながり」に影響を及ぼします。
つまり、某球団のように4番バッターを集めて1番から9番までずらっと並べても、打線が全然繋がらなくて役に立たないってヤツですね。
どの球団かはあえて言いませんがw


08082002.jpg


適正打順は、
「1~2番」のリードオフマン型。
「3~5番」のクリーンナップ型。
「6~9番」の下位打線型。
これに、全打席で平均的な能力を発揮する「バランス型」の4つがあります。

高コストの良い選手はクリーンナップ型が多いから、下位打線の選手起用に結構苦労します。


(↓久しぶりに「続き」ます)
[頑張れ星野ジャパン]の続きを読む

日常こそが真のイベント

2008年05月19日 23:30

最近ちょっと忙しい私です。
ブログの更新も停滞気味。
ネトゲもオフゲもまったくもってやっておりません。
絵も描きたいんだけどなー。

んで、ちょっと目にとまった掲示板で、懐かしいものをみつけました。


ウルティマオンライン

そう、私が生まれてはじめてプレイしたネットゲーム。
当時はまだボロいFMV君だったなあ…。
パソコンでゲームするというのもはじめてだし、ネットゲームもはじめて。
自分以外のプレイヤーを人間が操作しているという事に、すごい衝撃を受けたのを覚えています。

そんなUOは、MMOの始祖にして、いきなり完璧なシステムを完成させていました。
すごいよギャリオット!

ネットゲームはシステムがゲームの面白さを左右するのではない、
システムを使っているプレイヤーが面白くかえていくのだ!

これをまさに体言したゲームでした。
別に運営が特別な事を用意していたわけではありません。
日常がイベント。本当、これに尽きました。


そんなUOの日常を描いた漫画なのですが、これが本当によくできてる。
これは別に脚色していたり誇張されている訳ではなく、
まさにUOの日常そのものを描いています。

「むらさきうにのUO漫画」
(左のフレームの「アトランティック編上巻 船出のとき」から読んでね)
「第一話」へ直リンク

予備知識として、UOの世界は「死ぬと所持アイテムは全て死体に残る」という仕様なのを覚えていて下さい。
死んでしまうとアイテム0で生き返るんですよね。
死んだ場所まで行って、自分の死体からアイテムを回収しないといけませんでした。
当然…それは誰でも回収できる(犯罪者にはなるが)ので、ダンジョン奥地で死んでしまったら稼ぎは全部他人に盗られていた…ってのも珍しくありませんでした。
ダンジョンで一杯稼いでも、帰りにPKに遭遇して全部盗られたり…とかね。



もう話が壮絶です!
これだけでRPG一本作れるんじゃないかってくらいの凄まじいストーリー。
でもこれ、日常だったんですよね。マジで。
ロールプレイ(役を演じる・役になりきる)は、ネットゲームにこそ必要なんじゃないかとつくづく思いました。


っつーか、すごい懐かしい…。
当時のプレイヤーは、本当にロールプレイの達人でした。
というよりも、ロールプレイに慣れ親しんでいる世代なので、これが自然だったんでしょうね。


今のMMOのように効率にだけ走って、「余裕」を忘れてしまっているのでは、
こういった楽しみ方は見出せないのでしょう。

いつから、ネットゲームはLv上げの効率を重視するゲームになってしまったのでしょうね…。


ついでに、UOで最も有名な4コマ漫画サイトのロビンさんトコも。
こっちもUOのごく普通の日常を描いています。
ちなみに作者はプロです。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。