スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帝国陸軍情報部三課!

2007年02月08日 04:47

最近はジャンプもマガジンも買わず、1ヶ月ごとにネカフェでまとめ読みしてます。
そっちんが安いし、なによりもゴミがでないんだよね。
前の家での2年分のジャンプ・マガジンの山の処理には苦労した…

ネカフェなら他の雑誌もよめるしな。
月刊マガジン、アフタヌーン(ヴィンランド・サガの為)…。
なにげに月マガ好きです。

で、いつものアイ・カフェいくと…
おおお、パンプキンシザーズはいってるよ!!

って…1巻しかねーよっ!w(6巻まで出ている)


とりあえず読んでみた。
あー…やはり絵が汚い…。

はじめて読んだけど、TVアニメの1話~3話くらいまでの話そのままだった。
アニメは原作に忠実に作ってあるんだな。


しかし改めて見ると、作者のネーミングセンスが秀逸だなあ。
主人公オーランド伍長の持つ13mm対戦車拳銃「ドアノッカー」。

劇中では最強の戦力を誇る「戦車」。
その戦車に対して、歩兵による集団突撃で密着するまで戦車に接近し、装甲の薄い部分やハッチの継ぎ目など、弱い部分へのピンポイント攻撃で戦車内部の人間を殺傷する戦法が編み出された。

遠くから攻撃すると精密攻撃がやりにくい為に戦車の厚い装甲に阻まれてしまうが、密着して零距離から覗き窓やハッチへピンポイント攻撃すれば、13mm弾でも充分貫通が可能だそうだ。

歩兵は強大な戦車に対して保身を考えずただ突き進み、腕が折れようが足がもげようが、仲間の死体を踏み越えて進む。
誰か一人でも戦車までたどり着けば、あとは接射で内部の人間を殺せる。

その際の、戦車の外壁に重い16mm対戦車拳銃が接触する「ゴンッ」という鈍い音は、まさに戦車パイロットからすれば死神のドアノックに聞こえるのだろう…。

だから「ドアノッカー」

やべー、かっこえーー!
他にも一杯あるけど書ききれねー。
ネーミングセンスとか世界設定とかキャラ設定とか、ほんとすごく面白いよ。


スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。