スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ろーっこーぉおろーしにー

2007年04月21日 09:29

狩野ぉぉぉぉおおおぉぉおぉ!!




やばい・・・
ラジオで聞いてたんだけど、本気で鳥肌立ちました。
っつか泣けました・・・。

赤星と同期入団のプロ7年目の狩野恵輔。
その7年で、一軍登録はわずか5試合。そしてノーヒット

今年は開幕から1軍登録というチャンスを得たものの、
同じキャッチャーである矢野の存在が大きすぎて、打席に立つ事すらできないでいた。



そして昨日の巨人戦。

同点のまま迎えた延長12回表。
乏しくなってきたリリーフ陣が巨人打線に捕まり、ついに一挙3点をとられる。

もうダメかと思われたその裏、藤本からはじまる打線が繋がり、赤星のタイムリーでついに同点に!!
続くシーツは外野フライに倒れるも、4番金本のヒットで繋いで2アウト1-2塁。

ここで5番、好調の今岡に期待が高まるも、巨人ベンチは敬遠を指示。
次の6番にはピッチャーの橋本が入っていたのだ。

ここは代打がセオリーなのだが、延長12回の長丁場で、すでに使える代打はほとんど使ってしまっていた。

ベンチに残っているのは、控え捕手が二人だけ・・・。
どちらも一軍での試合経験は皆無に近い。


結局今岡は歩かされ、2死満塁で代打を告げられたのは狩野。


プロ7年目にして試合出場は5試合のみ、いまだノーヒット。

さすがの阪神ファンももうあきらめた。
「12回表で3点とられながらも、追いついて引き分けにできたんだから、今日はいい試合だったじゃないか」・・・と。



が・・・!

やった。
やったよおおお!!!



プロ初ヒットにして初サヨナラタイムリー!
しかも甲子園の巨人戦!


もーー、泣ける。
っつか、泣く。


巨人のレフト矢野がくやしまぎれ(マテ)にスタンドに投げ込んだウィニングボールを、関本がレフトスタンド前までいって「狩野の記念のボールだから、返してもらえないだろうか」と頼み込んでいた姿に泣ける。

そして惜しげもなく、ボールをグラウンドに投げ返す阪神ファンにも泣く。




狩野、ほんまに、ありがとう!! o(;△;)o


そして、なにがあっても最後まで中継するABCラジオありがとう!
特別リポーターで来てた妹尾さんは、やっぱり泣いてましたw
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。