スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

料理は技術

2007年10月30日 18:38

探偵ナイトスクープで大好きなキャラ、林先生。



「愛情を込めた料理は、プロの料理をも凌駕するのか?」という依頼に、毎度おなじみの林先生登場。

結果は…、まあみてくださいw

林先生は辻調理師専門学校の教授にしてプロのパティシエ。
お菓子作りの国際大会で入賞するほどの腕前です。


しっかし林先生はいい人だわー。
人間として魅力がある。


最近はあまり登場しませんが、また林先生シリーズみたいなあ。

(歴代の林先生シリーズは「こちら」をクリック)
スポンサーサイト

構成が省略されたみたい(BlogPet)

2007年10月30日 07:20

きのうとりのすけの、構成が省略されたみたい…

*このエントリは、ブログペットの「しろのすけ」が書きました。

ニコニコ

2007年10月29日 23:30

んー。

今、ニコニコ動画にうpる用の動画を編集してみてるんだけどが、
なんかいまいち上手くいかん。

手始めに一番簡単っぽい「静止画のスライドショーでBGMだけ流す動画」を作ってるんだけど、上手い具合に繋がってくれないなな、BGMが。

なんぞ、いいツールでもありもはん?

既存の動画を比較的高画質にエンコするのはできた。
でも、エンコやってみて、今更ながらにウチのPCの古さを実感。
2分の動画のエンコードに、10分近くかかるってどんだけー。

いいパソコン欲しいねぇ。

エンコした動画は、こっそりニコニコにうp。
いままでアップした動画をみてみたら、一番最初にうpったヤツはsm2000番台なんだな。
結構古くからやってたんだな…。

ちなみに現存する動画の中で最も古いモノ(smナンバーの若い動画)は、コレ(↓)です。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9

まさに期待通り。
やっぱニコニコはコレでしょw

はいからさん

2007年10月28日 13:37

「好きな食べ物はなに?」と聞かれて、とりあえずいつも答えるのが「麺類」。
とりわけ「うどん」が一番好き。

地元は岡山なんだけど、四国が橋で繋がってるからか讃岐うどんの店が多い。
讃岐は讃岐で好きなんだけど、大阪うどんも好きなんだよなー。

大阪といえば牛丼屋の「なか卯」が好き。
あそこの牛丼も美味しいけど、サイドメニューのうどんが美味いのさ。

大阪では「きつねそば」「たぬきうどん」というのがないらしいね。
きつねとは「あぶらあげが入ったうどん」で、たぬきは「あぶらあげがはいったソバ」。
どっちもはいってるんかいw

で、天カスいりのうどんは「はいからうどん」というらしい。
私はこの天カスが大好き。
天カスさえあればいいので、たぬきうどん(はいからうどん)が一番好き。

天カス食べたければ「エビ天うどん」を食えば?、という人がいるかもしれんけど、
天カスや「ころも」は好きだが、エビが大っ嫌いで一口も食べれない俺にとっては「はいからうどん」じゃないとダメなんだわなー。


でも岡山になか卯がなーい。
天カスだけたっぷりはいってるうどんが、岡山には少なーい。

天カスだけ食べたいのだよ、天カスだけをっ

CLANNAD 第四話「仲間をさがそう」

2007年10月26日 17:00

今回はギャグパート。
絶対に省略されるだろうと思っていた細かいギャグさえも、
忠実にしっかりやってくれましたw

ストーリーとしてはほとんどなにも進まなかった回ですが、
こういうのがあるから、キャラに感情移入できて良いんですよね。
各キャラの性格とか立ち位置とか、そういうのを把握できてこその「泣きゲー」だと思うのですよ。

うむ。京アニぐっじょぶ。


ただ心配なのは、

尺は足りるのか?

この一点ですw



ではCLANNAD第四話「仲間をさがそう」の感想です。
(↓)
[CLANNAD 第四話「仲間をさがそう」]の続きを読む

「上司と部下という関係は、特別なものとは言えないのでしょうか?」

2007年10月25日 23:15

休みだったので、久しぶりにネットカフェにいってきました。

あー、最近全然遊んでねぇなあ…。


で、一ヶ月分以上たまってるジャンプとマガジンを読み漁り。
月マガ、アフタヌーンも読み漁り。
5時間パックじゃ足りねぇって…。


ジャンプはもう読むモノがありません。
マガジンは好きだけど、時間も足りないのでちょっと飛ばし読み。
熱い展開の典型的な少年漫画が好きなので、高校野球のヤツとか花形満のヤツとか、
あとバトミントンのヤツとかいいねー。

ジャンプではP2が再浮上してて驚いた。
あれ、好きだったんだけど、絶対打ち切られると思ってたからなあ…。
マイナースポーツものが、今なんか人気ですね。
アイシールドのアメフトだって、あれもマイナースポーツですしね。


でだ。
やっぱりいいよ、パンプキンシザーズ!!

もーえーるー。
車ごしに軍服を手渡す伍長と、それを受け取る少尉。

あああ、もーえーるー。

首輪の言葉の意味について語り、

「もうあんたは、とっくに手に入れてんじゃないんですか? 伍長の愛を」

あああ、オレルドぉぉぉおお!!


いちいち台詞がカッコいい。
台詞回しがすばらしい。

あとは絵だ。がんばれ(毎回これだな…w

汎用決戦兵器

2007年10月24日 23:59


最近の職人には、限界という言葉はないんだろうか…?





曲:オリジナル
3Dモデリング:オリジナル
演出:オリジナル

とにかく最初はコメントオフで。


ニコニコ動画には「マイリスト数」によってランキングがつくのですが、これはぶっちぎりのトップ。
マイリストとは、簡単に言うと「お気に入り(ブックマーク)」です。
「マイリスト数」は、気に入った動画を「お気に入り」に登録しているユーザーの人数そのもの。
それを週別や日別で集計したものがランクになるのです…が。


参考までに、今日の日別ランクのポイント数~。

4位:ニコニコRPG 第7話 (マイリスト数 502)
3位:スーパーマリオMAD (マイリスト数 752)
2位:さよなら絶望先生MAD (マイリスト数 812)

そして1位:
3DみくみくPV♪ (マイリスト数 5826)

えーっと。
桁がちゃいますけど…?w



さすがにこれはどうみてもプロの仕業…と思ったら、
同人ゲームサークルの人たちだったようです。

サークル「雫組」
「永久皇帝少女OPムービー」

いわゆる18禁ゲーではなくて、純粋な3Dモデリングのギャルゲーを作ってるみたいですね。
公式サイトには、色々とムービーもおいてありました。
っつか、普通に商業ルートで販売しても遜色ないだろう…これ。


そういえば、他の動画でもプロの方はちらほらとみかけますね。
特に「描いてみた」シリーズには、商業誌で活動されているプロも少なくないようです。
「吹いてみた」とか「弾いてみた」にもプロいるのかなあ。
「手描きOP」もどうみてもプロってのが多いけど…。


ニコニコ有志でのオリジナルアニメ製作の企画ももちあがってるそうですね。
もちろん放送はニコニコ動画だそうです(笑

僕たちが恋をする理由

2007年10月23日 23:58



YouTube版はこちら(↓)
http://www.youtube.com/watch?v=k5XdnzgAMak


最近はずっと坂本真綾さんの曲を流しながらパソコンやっています。
この「僕たちが恋をする理由」が、今一番のお気に入り曲。
やっぱりいいわ。声が…。
しかもこれ、ピアノも歌も同時録音の一発録りらしいですね。


菅野ようこさんの作曲だったから良いという意見もあるのですが、
菅野さんから離れた後のアルバムも、やっぱり良いです。
ちなみに(↑)の「僕たち~」は最新アルバム(作曲:高田みち子)ね。

元々は曲もそうだけど、とにかく「声」がめちゃくちゃ好みだったから好きになったんだよね。
この声と歌い方なら、なに歌ってくれててもいいです。


で、ニコニコあさってて見つけた「坂本真綾(癒し曲限定)メドレー」(↓)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm532370

他にも「おきてがみ」とか「ハニーカム」とか「blind summer fish」とか、いい曲あるよー。
でもニコニコにもYouTubeにもないよー…。


と思ったら。
これ書いてから色々探してたらありました!
怒涛の37分真綾メドレー。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm475911

時間のある方は、是非どーぞっ

CLANNADのOPを考察

2007年10月21日 23:43

ニコニコ動画でクラナドのプレイ動画をぼーっと観ながら、思った事があります。

CLANNADの各キャラのストーリーには、いわゆる「泣き場」と呼ばれる山場がいくつかあります。
他にも重要な分岐点や心境の変化の起こるエピソードがあり、それらをいくつも重ねる事で、ひとつのストーリーになっているのです。
先日のアニメの「演劇部説明会の練習」もそのひとつですね。

一方、アニメ公式サイトの情報によると、アニメ版CLANNADは全24話になるようです。
(DVDの販売が、今の段階で24話まで予定されいてる)

と言う事は、大きなエピソード(泣きの山場)は24回までしか使えないと言う事になるのです。

…が。

ぶっちゃけ、全然足りません。


アニメの主要メンバーであろう5人だけに絞ったとしても、
アフターストーリーまでやるのなら全然足りません。

本当に大きな山場(泣き場)だけに限定しても、1キャラにつき3~5回あります。
それが5キャラで15~25回。

ええ、もうこれだけで足りません。

しかも第二部といえるアフターストーリー編は、学園編の5キャラを全部あわせたのと同じくらいのボリュームがあるのです。
どう考えても足りない。

それにこの「1キャラにつき3~5回」というのは、本当に重要な山場だけに限った数字です。
俗に言う「いきなりクライマックスだぜ!」ってヤツです。
AIRでいうと、第一話から観鈴ちんがかんしゃく起こして泣き崩れれて、2話でみちるの正体がわかるようなもんです。

ええ、そんな展開ありえません。
というか、そんな展開みたくありません。


と言う事は、アフターストーリーを最後までやらない?
そんなバカな…!

または、キャラの個別ストーリーを最後までやらない?
これはありそうだけど、それも寂しい…。


と、悩んでいてもしょうがない。
そういう時は、オープニングをみよう!
ヒントはそこにあるはずです。

2007102101.jpg


って事で、OPカットから、今後のCLANNADのストーリーを推理してみたりしてみました。
ネタバレはしないように気をつけてみましたが、
今後の展開を示唆するような文になっていると思います。

少しでも予備情報を入れたくない方は、ここまでにしておいて下さいね。

(↓続きはこちら)
[CLANNADのOPを考察]の続きを読む

キングクリムゾン

2007年10月20日 22:52

今日は休みだったのだけど、気がつくと夜でした。
朝は8時くらいにおきたはずなんだけど…おかしいな。

ええ、朝起きて、
10時くらいからニコニコ動画でクラナドのプレイ動画をみてたんだけど
なんか気がついたら22時でした。

…あれ?


杏ENDとアフター1周目みただけなのに、12時間…。
本当にCLANNADはプレイ時間が長いわ。

しっかし、杏ルートでのすのぴー(春原)のかっこよさだけは異常。
あれはガチ。
むしろ、あれ、誰?w


PC版にPS2版のボイスを当ててるヤツだったんだけど、
PS2版はテキストに修正入ってる所があったのね。
エロいセリフとか、少し変更されてました。

アフター初プレイ時にしか見れないテキストとか、
3週目初プレイ時にしか見れないテキストとか。
そういう「一回しかみれない(クリアすると話が変わるので、もう見れない)テキスト」にも力いれてるから、本当に好感が持てます。


作者の麻枝さんは、リトルバスターズで作家引退されたそうですね。
「才能の限界」…だそうですが、自分の持っている才能を100%搾り出して世に出せたというのは、ある意味羨ましいですね。

たっぷり充電できたら、
今度は是非、いたるさん原画でオリジナルアニメ作って下さいよ!
ええ、京アニで(笑

CLANNAD 第三話「涙のあとにもう一度」

2007年10月19日 09:32

幻想世界の女の子がしゃべったー!

やっぱり1話ごとに一回つづやっていくみたいですね。
原作では12回(厳密には11回か?)まであるので、
1話ごとやっていって12話…。
そこで一区切りつけて、本編突入…か?

それにしても幻想世界編はCGつかいまくりのヌルヌル動画。
彩度を落とした独特の雰囲気によく合って、不思議な雰囲気をかもしだしていますね。
女の子の声ですが、ちょっと重要なので注意して聞いていると後で楽しめますよ。

しかしあのOPの入り方は神だろう…。
Airを思い出したよ。
そろそろ監督、脚本さんも本気モードか?

本編の方も、相変わらず展開ははやいものの、
それがあまり気にならなくなってきました。
前半はテンポのいい怒涛の展開で、
後半はじっくり時間を使っての「渚の説明会の練習」のシーン。
構成にメリハリがあって、なにも気にする事なく楽しめました。
まじで、これからの展開に期待大です。


で。
有紀寧ぇキター!
OPでは出てたけど、有紀寧がちゃんと出てくるとは。

原作でも唯一、他のキャラとの絡みがほとんどないキャラです。
有紀寧ルートにはいると他のキャラはほとんど出てこず、
他のキャラのルートをやると、有紀寧はまったく出てきません。

アニメでどうやって絡んでくるのかな、と思ってたら、
ラストの「生徒会の人が剥がして行きましたよ」って…
ひょっとして説明キャラ要員ですか?w


しかし、演出がいちいち細かくていいですねー。

蹴り飛ばした春原に「薄い水色が…」とパンツみられた杏が、
ちらっと朋也をみてから恥ずかしがるトコとか、
渚がパンに涙を落とした時、
その部分だけちぎって食べてあげる朋也とか。
あれはいいわ~。


もうお前ら、つきあっちゃえYO!


また、中庭で一人でアンパン食べてる渚が、
朋也をみつけて、おまじないをしてから手を振る所の表情の変化とか…。

しかし、京アニの作るアニメはいちいち表情が豊かですね。
元々のいたるさんの原画が表情をつけやすい絵柄なのだそうですが、
それにしても、眼の動きや色の変化、頭の振り方から眉の動きまで、
なんか凄いです。


後半でたっぷりと時間をつかって描かれた「練習風景」のシーンでの
練習が終わった後に、自然に朋也の隣に座る渚の演出とか、
二人の距離が縮まっていくのがわかるようで、ほんのり暖かかったです。

だんご大家族について饒舌に語る渚。
その中に見え隠れする、異様なまでの「家族」に対する想い…。
それは、悪く言ってしまえば、異様なまでの執着心ともとれます。

そして、彼女の「演劇」をやる理由。
学生生活の中で、一度も集団行事に参加できなかった渚にとって、
「誰かとなにかひとつの事をする」というのは、もうそれだけで夢なのでした。
別にそれは友達でなくてもいい。
一緒にひとつの事を目指して歩いているという行為、
それが彼女の望むささやかな願いなのです。

でも、それならば別に演劇でなくてもかまわないはず。
それでも、何故か渚は演劇に執着します。
やりたいお芝居があるから…と彼女はいうのですが…。

これらが今後にどう関係していくのかが楽しみですね。



で。ボタンもでてきて、芳野もでてきて、公子も登場。
こんなにも次から次へとキャラだしてきて、収集つくんかなw

風子参上は相変わらず可愛いし、
智代は相変わらずのコンボ(っつか743HITってなに?w)だし、
公子さんと芳野は異様に美声だし。
っつか芳野の声がイメージと合いすぎです。


色々なところでコメントをみるに、
風子人気が急上昇してるみたいですw

まあ、わかる。
あれは可愛い。うん。


しかし、これだけフラグ建てていてどうまとめるんだろう。
Airの時はヒロインが3人(ルートも3つ)だったからまだマシだったし、
Kanonもまだ5人ですんでました。

CLANNADは、全部やったら15人…。

OPでメインキャラになってる5人だけやるのかと思ったら、
なんだか有紀寧さんにもフラグ用の伏線ってたし。
ちらっとだけやるのかな。


本当にもう、ここまで来たら原作プレイヤーでも先の展開が読めません。
どんな話にまとめてくるのか、凄く楽しみです。

今回の第三話で、展開がはやくても全然面白いってわかりましたしね。
来週も楽しみです。

ええ。
でもどうやら、来週は春原祭りみたいですが…(笑

物資が尽きました!

2007年10月18日 23:31

VF5でまたまたビンゴフェスタやってるみたいなので、
ちょっと対戦してきました。

幻球12週目も開放されたんだけど、
葵の12週目アイテムが中々いいのよー。
金髪ゆるふわヘアー。

Bコスに日焼けの肌にして、金髪碧眼にすると中々可愛いのよね。
金髪アイテムがあまりいいのがないので、是非欲しい。

とりあえず今は10週目だから、あと2週か…。


で、やってきたんだけどが。

めっちゃ負けた~~。

今回は近場の1プレイ100円とこにいったんやけど、
40敗くらいしてきたわ…。
30勝40敗くらいかな…。

もーちょっとで勝率5割に戻れたのに、
また勝ち負けの差が30くらいに開きました…。
物理的に物資(銭)が尽きたので、戦略的撤退…。


今日はジェフとウルフにボコボコにされてきたわ。
葵のPと肘の届かない間合いで、膝と投げで2択するジェフ。
同じく6K+G、肩、投げでn択してくるウルフ。
あとはP、2P投げ。

葵…どーすっかなあ…。
なんか自分の気づかない所で、ワンパターンになってるんかも。


とりあえず、幻球10週目はとれました。
11幻球盤も買えたからいいか。

1枠1番 シマウマ

2007年10月17日 23:43

帰ってきて、いつものようにとりあえずテレビ。
観る訳でもないんだけど、なんとなくつけるのが癖になってます。

で、つけてご飯の用意でもするかなー、と思ってたら
なにか面白そうな映画をやっていました。

で、そこからじっくり2時間。
夕飯も作らず最後までみてたって…


「レーシング ストライプス」

サーカスに捨てられたシマウマが、競走馬を目指して頑張るストーリーです。
ベイブを作ったスタッフと一緒らしいね。

2005年の作品で、当時はちょっとだけ話題になってました。
「ベイブ」の監督って事と、日本語吹き替え版の声優陣に有名芸能人を起用したと言う事で。
主人公のストライプス(シマウマ)には田中麗奈。
トレーナーのロバに三宅裕二。
その他にも島谷ひとみやグッチ裕三、モト冬樹…。

芸人さんも色々でてたらしく、その日本語版はとにかく不評だったとかw
そら、本職じゃないしなあ…。
異様に違和感があるし、途中でオリジナルのギャグいれるしと、
絵本のような動物サクセスストーリーにはそぐわなかったらしいです。


が。
…あれ?

なんか声、いいんだけど。


って、あれ?

ヒロイン(ストライプスの飼い主で、レースでは彼に騎乗する女の子)の声って
…坂本真綾じゃね!?

しかも動物版のヒロイン(ストライプスが恋する白馬)も、坂本真綾じゃね??w

女声だったストライプスの声も、ちゃんと男声になってるし、
芸人ばかりで大不評だった、牧場の仲間(動物)たちの声も、
全部、映画吹き替え声優さんに変わってるじゃん!

エンディングカットで日本語吹き替えのスタッフロールすら無しだったので、
誰が誰の声をしてたのかはわかりませんでしたが、
やっぱり映画の吹き替えは、専門の声優がいいわー。
安心して観れるね。


肝心の映画の内容は、結構楽しめました。

路頭に迷ったストライプスは、心優しい少女に拾われレースを目指します。
しかも彼女の家は牧場で、お父さんは元伝説の調教師!

嫌味な女馬主や、お父さんを昔から知る競馬ファンのオヤジとかでてきて、
まさにアメリカっぽい、テンプレ的なサクセスストーリーw
だけど、そのぶん安心して観れますね。

あれだ。
ラストは必ず印籠が出るとわかってて観る、水戸黄門みたいなもんだ。


ぶっちゃけ、実はかなりの坂本真綾ファンなので、
2役分もじっくり楽しめて、それだけで満足でしたw

ほんと、映画っていいもんですねー(歳がバレる)



トレーラーを見つけたので貼り貼り

日本語版では、このハエ2人がグッチとモトさんでしたw

前置き(BlogPet)

2007年10月16日 07:25

きょうしろのすけは、かすたーどで学園編っぽい前置きしたいなぁ。

*このエントリは、ブログペットの「しろのすけ」が書きました。

子供の頃は、みんなヒーロー

2007年10月15日 13:26



もう、熱い展開に泣きそう…(T^T)

子供の頃は、戦隊モノとか特撮モノとかよく観てたなあ。
やっぱりヒーローモノは男の子の本能だよ。

男というものは、いくつになっても大きな子供です。

ニヤニヤ動画

2007年10月14日 20:16

ネタもないのでニコニコ動画。



うはー。
もうニヤニヤ動画ww

声優の釘宮理恵さんが、ラジオ番組でひたすら毒舌を吐く動画。
が、それだけで終わるわけがありません。

もー絶対に最後まで聞いて下さい。
そしてもう一周行って下さい。
もうニヤニヤが止まらないw


んでたっぷり楽しんだら次はこっちを(↓)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1219271

もう恋する乙女ビーム全開。
話す時はずーっと顔をみていますw


この2人は、色々なアニメで一緒に主演してる仲だそうですよ。
しっかし、本当にいたんだね…リアルツンデレって。

釘宮さんは他のラジオとかにもでてるそうなんだけど、
全然テンションが違うらしいですわー。

海は広いぞ 大きいぞ

2007年10月13日 20:47

今、太平洋の嵐というゲームをやっている。

が、よくわからん。
誰か詳しい人はいないか?

とりあえずグローバルキャンペーンでアメリカからフルボッコされ中。
原油が足りん~。
南方から輸送しようにも、虎の子のタンカーが潜水艦の魚雷であぼん。
おま…っ それ一隻作るのに何年かかるか知ってんのかああ!!

あと、地上部隊、全然増えねえぞごるああ!

とりあえず…、帝都空襲とかされるまでは頑張ろ…。



それにしても、やっぱりアニメはすごいねー。
クラナドの感想書いた日のヒット数が250とかいってます。
まあ、それでもサーチワードのトップは「サイレントハンター3」なんだけどねw

CLANNAD 第二話 「最初の一歩」

2007年10月12日 05:00

先週の「渚、涼、杏、智代」に続いて、
今回は「ことみ」と「風子」の紹介の回でした。

OPをみるに、アニメでは(涼を除いた)この5人がメインキャラになるようなので、
これで全員分の紹介がすんだという事ですね。


それにしても、

展開がはやい!
はやすぎるのだよ!!



と、アホな愚痴はほっといて、
アニメの感想から。



冒頭の渚のセリフ、
「お連れしましょう…。この街の、願いのかなう場所へ」
で度肝を抜かれる朋也くん。

これは、単にお芝居のセリフの練習だったのですが、
これに異様に反応する朋也。
どうやらなにか思うところがあるようです。

幻想世界もちゃんとやってるし、
これは毎回、冒頭部分にいれてくるのかなあ…。
ロボットのデザインがあんなのだとは思っても居ませんでしたw


で、朝からいきなり殺人未遂を受ける朋也くん。
杏よ。とりあず人を轢いたら「ごめんなさい」と言おう。

ところで、お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、
朋也くんが遅刻していません。
ええ、先週の回の涼の「占い」が、ばっちり外れてます。

遅刻はしませんでしたし、
熱く衝撃的な出会いもありませんでしたし、
そこからラブラブになる事もありませんでした。
ある意味、物理的な衝撃のある出会いはあったけど…w
まったくアテにならず、占い師涼。


で、「ことみ」との初対面シーンでは、
期待していた「粘土じゃないから」のセリフはなし…orz

でも、ゲームでの4つある伏線のうち2つはしてました。
ぶっちゃけ、あそこでの伏線なんて、ゲームクリア後にあとで見返してみてニヤニヤ(っつかウルウル)するだけのものに過ぎないので、
物語としては大した意味がないのでしょーね。

っつか、声が!(笑

ことみのイメージと激しくかけ離れてる…。
かなり有名な声優さんらしいから、その内に慣れる…かな。
超ウィスパーボイス系で、声自体は好きなタイプだったし。
でもやっぱりイメージと違う~。
風子はイメージそのまんまだったけどw


でも、ことみのシーンは短かったなあ…。

智代の528Hit(笑)→ダストシュートはちゃんとやってて、
風子も「お手」→「ハイタッチ」とギャグシーン満載なのに、
ことみだけは、かなり省略されてました。

ひょっとしたら、ことみシナリオは最後までやらない…とか?

でも、最後までやるつもりがないのなら、
初対面シーンで2つ伏線を入れる必要もないのですから、
やっぱりやるにはやるんだろうけど…。


しかし。
智代にドS属性がついてたよ(笑)

「これを外すと落ちるが…どうする?」
「落ちたいか? そうか」

あれはなんかよかったぞ。
あ、俺、Mじゃないッスよ(マテ
ほんと、声優さんの声が合いすぎだって。


で、風子参上(ほぼ原作通りの会話だったし)して、
ダンゴ大家族ポスターからバスケへと…

病欠しすぎてダブるほど体の弱い渚を、
4月の寒空の雨の中で待たせちゃいかんでしょ!

案の定、ラストで倒れる渚。

人に言えない悩みを打ち明けた朋也と、
体を張ってまでも力になろうとした渚。

この事件をきっかけに二人の仲は急速に…
って…

やっぱり、むちゃくちゃ展開はやすぎる!


これで初見の人はちゃんとついてきてるのかな…。


泣き物語のキモは、キャラへの感情移入だと思っています。
色々なエピソードを経る事で、キャラやそれを取巻く環境に共感し、
それがあるからこそ、感動的なシーンで同調できて涙するものなのだと思っています。

が、この突っ走った怒涛の展開はどうなのかなあ。
朋也の性格なんて、アニメでみる上では酷いものです。

ぶっきらぼうなのに面倒見が良くて、
暴力的(主に春原限定)なのに優しくて、
人付き合いが嫌いなのに、積極的なお人よし…。

ええ、ほとんど精神分裂病患者です(マテ


ただ、これらの「学園生活」を序章(前置き)にしかすぎないと位置づけ、
一気に駆け足ですすめて、残った時間でたっぷりと本章をするつもりなのならば、
これくらい思い切ったペース配分じゃないとダメなのかも知れませんね。


ところで。
某ニコニコでは「登場キャラが電波すぐるwwww」というコメントをよく見ます。

まさにその通りで、CLANNADにでてくる女の子は変な子ばかりです(笑

でもそれこそが、「ノベルゲームのシナリオをかかせたら右に出るものはいない」と言われる、麻枝さんのスタイルなんですよね。


前も言った通り、麻枝さんのシナリオがすごいのは、
もちろんストーリも然るものながら、「伏線」の貼り方が尋常ではない所です。
この「伏線」なのですが、実は貼るのは結構難しい。

伏線を考えるのは簡単なのだけど、
それを、読者に気づかれずに本文中に紛れ込ますのが至難なんですよね。

伏線を貼ってしまうと、どうしてもそこの部分が浮いてしまい、
違和感があるので、気づかれてしまいやすいのです。
「会話のセリフ」だけでストーリーを進めなければならない、
ノベルゲームの場合は特にね。

RPGとかでいきなり町の人が「○○城のボスは、銀が嫌いらしい」とか言い出したら、
そら「ああ、銀製の武器で倒せばいいのね」とすぐ気づきますよね。
それでは驚きも感動もありません。

それをなんとか防ぐために、CLANNADでは「出てくる女の子を全部変な子」にしてしまいました。

普通の会話変な伏線をいれると目立つのなら、
全部変な会話にしてしまえばいいのです。
それなら変な伏線を入れても大丈夫。

目立ちません(笑


元から「ああこいつは変な会話をするヤツなんだ」と思わせておけば、
急に「お弁当たべる?」なんてセリフを喋らせても、
それが伏線だとは気づきにくいんです。

っつか、きづけねーよw

ほとんど反則スレスレ(っつかド反則)な手法ですが、
これでちゃんとストーリーとしてまとめてしまうので驚きです。
普通は軽く破綻するはずなんだけどね…。

アニメ版Airをみるに、そういう所もちゃんと理解している脚本家さんのようですので、CLANNADも期待しています。



ですので、CLANNADをアニメで初めて観る人も、
そういうヒロイン達の電波なセリフにも「意味がある」という事を覚えていてもらえると、
きっと、ラストで号泣します(笑


終わりよければ全ていいのよー!

ドライバー

2007年10月11日 23:53

久しぶりに絵を描いて、
「さて取り込むべ」とスキャナ引っ張り出してきたら、
ドライバがWindows98までしか対応してないって!!

いかほどー。


前に使ってたスキャナは友人に持ってかれたしなー。
実家のスキャナは古すぎました。

あー、昔のFMVを起動しろってか?



ところで、今日はCLANNADの放送日。
ことみと風子が登場らしい。

ことみのシーンで、
「今日のは粘土じゃないから」のセリフと、
朋也のとある質問に「???」と返すリアクションがあったなら、
監督のCLANNADマニアっぷりに脱帽する。


さて。
ニコニコにうpされるのはいつかなー(マテ

急に秋の気配

2007年10月10日 23:37

10月も半ばにさしかかり、
やっと涼しくなってきました。

…っつか寒い!


本当に、夏と冬しかないねぇ、今の日本。

そろそろ山も紅葉しはじめてるんかな。
もう10月だけど。


なんか今年も暖冬っぽいね。

寒いの苦手で、冬は一歩も外にでない俺にとっちゃ、
雪が降ろうが振るまいが関係ないけどw


あー、紅葉を観に神社仏閣には行きたいなあ。
ええ、根がおっさん通り越しておじいさんなものですから。

よいこのさんすう

2007年10月09日 00:29

故あって、連立方程式を解いてみた。


よかった…まだできたよ…。


中学数学までは、まだいけそうです。
高等数学はきっと無理です。

微分? 積分?
なによそれ。


そーいや、ソロバンでの割り算のしかたって、
どうやるんだったっけ?

小学生の時に習ってたはずなんだけど、忘れちまった。
あれ覚えてると、暗算が楽になるんだけどなー。

不良品なミク

2007年10月08日 06:46

あれからCLANNADのアフタートゥルーEDをまたやってみました。

だーーーー(T△T)

涙が滝のように流れ落ちて止まんないんですけど…。

本当に、Key作品は2回以上するべきものです。
一回目ではわからなかった伏線に気づくと、
もう涙が止まりません。

あー、もーほんとしぬー。
たすけてー。

ラストの「小さなてのひら」でももう…。
もう一周いってくるか…。



と、CLANNADで泣いてばかりもアレなので、
ちょっと面白い動画を。


てらシュール。

店員さん。このミク、壊れてまーす。
返品はききますか?

前に流行った「キーボードクラッシャー」のボイスをサンプリングしたもじぴったんです。


もうひとつ。



タグの「六馬力」に吹いたww

これ、全部ひとりでやってるそうです。
しかも中の人は17歳とか…マジかよ…。

もう鍵っ子

2007年10月07日 08:04

CLANNADのせいの寝不足の為、
昨日は午後まで爆睡状態。


あれから再度アニメをみてみたけど、
あれはあれで結構イイね。

展開はやっぱりはやいけど、
仲良くなっていく過程なんて、それほど重要ではないしね。
「最初から全員と友達」という設定からはじめても、
充分に楽しめる作品です。

そう考えると、あれはあれでアリかも。


という訳で、
これからCLANNADのアニメは、毎週感想を書いていくことにします。
あーBlood+以来だなー、アニメの感想書くの。

それくらいCLANNADにはハマったので、
アニメもこれから楽しみにしたいと思います。


ゲームもまたEDだけちょろっとやってみたんだけど、
学園編でなぜそんなに泣けなかったのか理由がわかりました。

単純に、Anaが嫌いだったんだ(マテ

ラストの感動的なシーンにAneという歌が流れるんだけど、
それがあんまり好きじゃない。
それならば「空に光る」のボーカルVerを流して欲しかったかなあ。
って作品完成時にはボーカルVerはまだなかったんだけど。

あれが流れていたならば、間違いなく泣いてます…。


しかし風子EDはやっぱり最高だわー。
涙腺ぶっ壊れ。
それもトゥルーEDじゃくてノーマルの方ね。
絶対、ノーマルの方が泣けます。
アニメは話の都合上、ノーマルをやるのかなあ。
それなら本当に嬉しいけど。

アニメでも風子はメインキャラになってるようですし、
風子EDに期待しています。


というか、再度EDだけやってみて実感。

こういうゲームはクリア優先でぶっ飛ばしてやるもんじゃない!

腰を落ち着けてまたゆっくりやってみたら…
もー大泣き(T△T) コトミー
何度も聴いてるとAnaも良くきこえてくるから不思議。

というか、本当にKeyは不思議な作品だね。
ストーリーを知っていても泣けます。
むしろ知ってる方が泣けます。

なんで「知ってる方が泣ける」のか考えてて気づいたのですが、
伏線の張り方が尋常じゃないからなんですね。


Key作品のヒロイン達は、どっちかというと「電波系」な娘が多い(笑)んだけど、
実はその「電波な発言」にも、一言一言全て理由があるんです。


それが伏線。


例えば「ことみ」と初めて出会うシーン。

電波全開で全然会話が成り立たない、ことみ。
さらにいきなりお弁当を広げだして、朋也に食べさせようとします。

いぶかしんで食べようとしない朋也に、


「今日のは粘土じゃないから」

っていつもは粘土なのかよっ!!


という、まさに電波な会話な流れなのですが…。


一回クリアしてると、もうこの一言が泣ける~ぅぅ


これ以上は涙で前が見えなくて書けません…。
というかネタバレになりますので書けません。


そうやって見ていくと、本当に随所に伏線がちりばめられている作品です。

クリアして、彼女達の生い立ちを知ってから見直すと、
もー本当に泣ける。
不思議な性格も、実は裏があるって事を知ってから見ると、
さらにもー泣ける。

こんな作品も、他にはあまりないですよねー。



ニコニコでOP比較動画をみつけました。
これ見ると、京アニのKey好きがわかりますねw

なにげに監督さんは熱狂的なKeyファンらしいです。
個人的にOne~CLANNADまでプレイされてるみたいですしw





こっちは「空に光る」
ゲーム中の感動的なシーンに流れるBGMに、歌詞をつけた曲です。

CLANNAD ゲームとアニメの感想

2007年10月06日 04:31

とりあえずクラナドクリア。
第一章をクリアしてOPみてからは、結構あっという間でした。


感想としては…
Airよりかは泣けなかったかな。

Airはほぼ一本道のストーリーなのに対して、
CLANNADは、それぞれのシナリオが複雑に絡み合うスタイルなので、
感動が分散されてしまった…って感じです。

あとは、ストーリーがKanon、Airと非常に似通ってしまっている部分が多く、
先にオチが読めてしまったのも残念です。


でも、先がわかってても泣けてしまうのがKey作品。
やっぱり泣ける話ではボロボロ大泣きでしたw


とりあえず、ゲームの感想を書くと盛大なネタバレになってしまうので、
先にアニメの感想から。


えーっと。

EDのだんご大家族でマジ泣きしましたがなにか?


って、あれは本当に卑怯だわー。
Airの青空に匹敵する強制落涙曲。

特に全ストーリーを見てから聞くと、
歌詞が…あの素朴で切ない歌い方が、まさに殺人的。

あかちゃんダンゴはいつも幸せの中なんだよぅぅう~(号泣

「イメージと違ったあ~!」や「東映版のがいいよ」など、
だんご大家族のメロディには賛否両論あるようですが、
実はアレが正統な「だんご大家族」なようです。

PC版CLANNADのゲームフォルダ内には、
その名の通り「dango.wav」という隠し音楽ファイルがあるのですが、
これは「渚」(つまりは京アニ版EDのだんご大家族)と同じ曲です。

ゲーム中では「渚のテーマ曲」として流れますが、
いつも「だんご♪ だんご♪」と口ずさんでいるその曲こそが、
彼女のテーマ曲であり、だんご大家族そのものだったんですね。

ちなみに作詞作曲は、CLANNADの企画者であり、ほとんどの脚本を手がけている麻枝准さんです。
作詞作曲が原作者なのですから、やはりこれが正統なだんご大家族なのでしょうね。

っつーか、泣けます。
何度聞いても泣きます…。


アニメの方の感想はというと…
ちょっと(っつかかなり)展開がはやいですね。
もう、出会いとか仲良くなっていく過程とかをほとんどすっ飛ばして、
いきなり友達になったりしている所が、ちょっと不満です。

そのせいで、主人公の朋也がすごくいい人(笑)になってます。
いきなり渚に声をかけたり、自己紹介で名前を教えたり。
さらには智代の加勢にまで乗りだそうとしていましたしね。
ゲーム版の朋也ではありえない行動です。

彼は人生をあきらめてしまった脱落者で、
人とのかかわりを極端に嫌う性格でした。
それが色々な人と触れ合う事で、
人の繋がり、家族の有様、そして生きることの意味を知っていきます。

そういう「成長の物語」なのですが、
アニメ版はいきなり成長してますしね(笑


もちろん、CLANNADはそれだけではないので、
他の部分で魅せてもらえると信じています。

あのAirを作った監督と脚本家ですからね。
最後までしっかり観てみようと思います。


とりあえず、春原の声、ぴったりすぎww
銀魂の新八くんなんですね~



で、ここからはゲームの感想を。
半端ないネタバレの嵐なので、内容を知りたくない方はここまでで。


[CLANNAD ゲームとアニメの感想]の続きを読む

よし間に合った!

2007年10月05日 10:38

よし、CLANNDクリア!!

アニメ放送にギリギリ間に合った!
アニメは帰ってから見よう。


言いたい事はいっぱいあるが、感想は後ほど。
これから仕事だ、いってくる。
じゃ(きっと事故る

やっとです

2007年10月04日 23:18

クラナドを始め、寝る間も惜しんでプレイ三昧。
ちょっと感動的な話に目を潤ませつつ、開始してからはや3日。

やっと、オープニングムービーがみれました…。


3日やってOPって…。

クラナド

2007年10月02日 20:34

10月のアニメ放送開始の前にと、
現在、Clannadをプレイ中。

インストだけはかなり昔にしてたんだけど、
結局全然やらずにいてました。
One→Kanon→Airとやってきたし、
とりあえずアニメ化の前に、イメージ固まる前にやっとこうかなーと。


システムはAirと同じく、
第一部で全員クリアしたら第二部が出てきて、
それをクリアしたら最終章って感じなんだけどが…


第一部で8人クリア

第二部で5人クリア

最終章……って


めちゃめちゃ長いわ~~~!!


なんか噂によると、
PS2版(フルボイス)で全部セリフを聞いてプレイすると、
真クリアまでに70時間かかるとかなんとか…

まじですか…。



とりあえず2人クリアしてみて攻略サイトを覗くと、
なんかその2人は、攻略対象外(クリアすべき8人ではない)だったみたい…。
どうもあっさり終わったシナリオだなあと思ってたら…orz
まあ…いい話だったからいいけど。


まだまだ「泣ける」とかそういうストーリーとはあってないけど、
Keyの事なので最終章に期待です。



っつーか、最終章までいくのにどれくらい時間かかるんじゃ…これ。

段位(BlogPet)

2007年10月02日 07:59

しろのすけは段位も逆転しないです。

*このエントリは、ブログペットの「しろのすけ」が書きました。

瀬戸の花嫁 最終話

2007年10月01日 05:17

たったいま、見終わりました。
で、感想は…

……

………

………


任侠とかいて、人魚と読むきん!!


まじ読みます。ええ読みます。


って、これ。
本当に凄かった!

笑わせて泣かせて、ニヤニヤさせて最後はやっぱり笑わせる。
ギャグ漫画の最終回のお手本のようなアニメでした。


原作を先に読んでたファンなんだけど、
こら、アニメの方がおもしろいわ。



修学旅行編で、メインなはずの京都御所をやらなかったのが疑問だったんだけど、
最終回にもってきたんだなー。

しかも、原作では別の話な2話分のストーリーをひとつにまとめて、さらにオチはオリジナル。
オリジナルオチなのに、原作超えてるってどんだけーー!!


最近のアニメは、ヘタれ主人公や巻き込まれ型流され主人公が流行ってるらしいけど、瀬戸の永澄は自律型(笑)王道主人公。
たとえヘタれでも、そこから成長していく主人公は、
みててやっぱり楽しいね。

本当に、熱くて面白いアニメを充分楽しませてもらいました。



それにしても。
やっぱりアニメの面白さを決めるのは、声優さんの演技力だなあ…。
それをつくづく実感。

瀬戸の花嫁は、声優さんの技量もすごく良かった。
なにげに大御所つかってるらしいしな。



あー。
でももう終わっちゃったのかあ。

あれだけ綺麗に終わらせてくれたら、もう2期とかはいらない感があるね。
むしろこのまま終わらせて欲しいかも。


なにげにニコニコマーケットでは、DVDがすでに300セットくらい売れてるしw



あー。
続きをみたいけど、みたくねえーw
変な心境だ。

(↓瀬戸の花嫁 最終回)



(↓気に入ったなら、是非とも一話から!)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1136555


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。