スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CLANNAD ゲームとアニメの感想

2007年10月06日 04:31

とりあえずクラナドクリア。
第一章をクリアしてOPみてからは、結構あっという間でした。


感想としては…
Airよりかは泣けなかったかな。

Airはほぼ一本道のストーリーなのに対して、
CLANNADは、それぞれのシナリオが複雑に絡み合うスタイルなので、
感動が分散されてしまった…って感じです。

あとは、ストーリーがKanon、Airと非常に似通ってしまっている部分が多く、
先にオチが読めてしまったのも残念です。


でも、先がわかってても泣けてしまうのがKey作品。
やっぱり泣ける話ではボロボロ大泣きでしたw


とりあえず、ゲームの感想を書くと盛大なネタバレになってしまうので、
先にアニメの感想から。


えーっと。

EDのだんご大家族でマジ泣きしましたがなにか?


って、あれは本当に卑怯だわー。
Airの青空に匹敵する強制落涙曲。

特に全ストーリーを見てから聞くと、
歌詞が…あの素朴で切ない歌い方が、まさに殺人的。

あかちゃんダンゴはいつも幸せの中なんだよぅぅう~(号泣

「イメージと違ったあ~!」や「東映版のがいいよ」など、
だんご大家族のメロディには賛否両論あるようですが、
実はアレが正統な「だんご大家族」なようです。

PC版CLANNADのゲームフォルダ内には、
その名の通り「dango.wav」という隠し音楽ファイルがあるのですが、
これは「渚」(つまりは京アニ版EDのだんご大家族)と同じ曲です。

ゲーム中では「渚のテーマ曲」として流れますが、
いつも「だんご♪ だんご♪」と口ずさんでいるその曲こそが、
彼女のテーマ曲であり、だんご大家族そのものだったんですね。

ちなみに作詞作曲は、CLANNADの企画者であり、ほとんどの脚本を手がけている麻枝准さんです。
作詞作曲が原作者なのですから、やはりこれが正統なだんご大家族なのでしょうね。

っつーか、泣けます。
何度聞いても泣きます…。


アニメの方の感想はというと…
ちょっと(っつかかなり)展開がはやいですね。
もう、出会いとか仲良くなっていく過程とかをほとんどすっ飛ばして、
いきなり友達になったりしている所が、ちょっと不満です。

そのせいで、主人公の朋也がすごくいい人(笑)になってます。
いきなり渚に声をかけたり、自己紹介で名前を教えたり。
さらには智代の加勢にまで乗りだそうとしていましたしね。
ゲーム版の朋也ではありえない行動です。

彼は人生をあきらめてしまった脱落者で、
人とのかかわりを極端に嫌う性格でした。
それが色々な人と触れ合う事で、
人の繋がり、家族の有様、そして生きることの意味を知っていきます。

そういう「成長の物語」なのですが、
アニメ版はいきなり成長してますしね(笑


もちろん、CLANNADはそれだけではないので、
他の部分で魅せてもらえると信じています。

あのAirを作った監督と脚本家ですからね。
最後までしっかり観てみようと思います。


とりあえず、春原の声、ぴったりすぎww
銀魂の新八くんなんですね~



で、ここからはゲームの感想を。
半端ないネタバレの嵐なので、内容を知りたくない方はここまでで。


[CLANNAD ゲームとアニメの感想]の続きを読む
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。