スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腰激痛

2007年11月29日 23:54

朝起きて体を起こそうとしたら…
脂汗が出るほどの激痛!!

こ…腰が痛い!

なんつーか、すごい変な格好(腰をひねってる感じ)で寝てたらしく、
腰骨を挫いた感じ。

腰骨を挫く…ってぶっちゃけありえないが、そうとしか表現できない。
あとは、ひねった状態でキープし続けてたからか、腰の筋肉が筋肉痛。


あー、動くだけで激痛~。
これってぎっくり腰とかじゃないよなあ。
寝ててぎっくり腰って。


夜になっても痛みはひかず。
筋肉痛にはストレッチするといいって聞くけど、腰のストレッチってどんなんだ…。

ネットで調べるか。

スポンサーサイト

オールシーズン

2007年11月28日 20:55

もう12月にもなろうかというのに…蚊に喰われたんですけどなにか?

というか、ほんまになんでまだおるんよ!?
そろそろ息絶えてください…マジで。

寝てたら夜中に喰われたらしくて、痒くて寝れん。
今年は6月くらいからもう蚊をみてたし、半年もずっといるのですか!

自重しる!

間食したの(BlogPet)

2007年11月27日 07:18

きのうとりのすけの、筆跡は関係するはずだった。
だけど、ばぐべえかすたーどとすじは制約したいなぁ。
でも、とりのすけは、間食したの?

*このエントリは、ブログペットの「しろのすけ」が書きました。

願いが叶う場所へ

2007年11月26日 23:47

書く事もないのでお気に入り動画。



だから~またひとつ~わす~れ~た~
これの歌詞、ちゃんと知りたいなあ…。




ソララド+ソララドアペンド
アペンドは同人での限定発売だったらしく、数が出回っていない…。
アペンドの「同じ高み」が欲しいぞー!

聖地巡礼

2007年11月25日 23:18

ネトゲ友達のこひちゃん(fromエビフライで逝ってみよう)作成。
AIR聖地巡礼、比較ムービー。



AIRの舞台は兵庫だったんか。
隣の県だから見にいってみるかなあ…。
って、今は冬前だから草木は枯れてそうだけど。

っつか!
なんだこのバックに流れてる夏影はっ!!!
こんなバージョン知らないぞおおお!
っつかめちゃくちゃ良すぎるぞっ
うおおお、欲しいぃぃ…

で、ちょっと調べてみたら、つい最近でた限定アルバムBOXらしい…。
げ、限定かあ。

でもいいなあ、この夏影。
なにげにKeyでいいなあって思った曲(夏影や青空)は、ほとんどが麻枝さん作曲なんね。

風の辿り着く場所
青空
夏影
同じ高みへ
願いがかなう場所
カントリートレイン(名曲!)
小さなてのひら

他々…。
やっぱりすげぇな。

最近、「願いが叶う場所」のボーカルバージョン聴いたけど、あれにボーカルのると鳥肌です。

神に違いない!

2007年11月24日 23:17

・犬の思考
この家の人たちは、餌をくれるし、愛してくれるし、
気持ちのいい暖かいすみかを提供してくれるし、
可愛がってくれるし、よく世話をしてくれる…。

この家の人たちは神に違いない!


・猫の思考
この家の人たちは、餌をくれるし、愛してくれるし、
気持ちのいい暖かいすみかを提供してくれるし、
可愛がってくれるし、よく世話をしてくれる…。

自分は神に違いない!


そんな猫が大好きですw

元々はガチガチの犬派だったんだけどなあ。
小学生の頃に大きな犬に太ももを思いっきり噛まれて大泣きしたけど、
それでもやっぱり犬が好きだったな。
じーちゃんちにドーベルマンがいて、そいつといつもじゃれあってたからかな、なぜか犬に恐怖心は無かった。
今から思えば、すごい恐ろしい状況な気もするが…。
デカいドーベルマンと戯れる小学二年生…。

だけどなぜか今は猫派。
猫の可愛さにやっと気づいた。ヤツラはツンデレなんだ、うん。


スキャットガールミク

2007年11月23日 15:45

これいいわー。



いつもイラストを描いてくれている友人の為に作った曲だそうです。
愛を込めて…ねw


スキャットしてるミクってなにげに初めてじゃね?
というかこんなに上手く声を出せるんだ…。
なんかそのうちに、アカペラなミクとかでてきそうだな。

とても気持ちのいいジャズナンバー。
とにかく、一発で好きになりました。
いー曲だ。

CLANNAD 第八話 「黄昏に消える風」

2007年11月23日 10:38

初っ端からごめんなさい。

…うーん。残念。


アニメを観た人が感想も見てると思うので、話の内容については割愛するとして。
今回は風子がみんなにどんどん忘れ去られていく、とても悲しい話でした。


…が。

泣けない。


そりゃ、ちょっとウルっときそうな所も無い事もないのですが、
…やっぱり原作を先に知ってしまってるからかなあ…
演出の酷さが目に付いて没頭できませんでした。
(CLANNADは「ストーリーを知っている方が泣ける」という不思議な作品なので、あらすじを先に知ってしまっている事自体は問題なし)


別に監督さんが悪いとか、演出自体が悪いとかではじゃないんだと思うんだけど、
やっぱりストーリーに無理がきてしまってるんでしょうか。
本来なら出てこないキャラを絡ませないといけなかったり、視聴者にわかりやすく「説明セリフ」を喋らせないといけなかったり…。
特に早苗さんのラストの説明セリフは…あれは興ざめしてしまいました。

そういった所が異様に目に付いてしまって、
物語自体がなんだか空々しく感じてしまいました。
あとは…今回に限って何故か強調されていた「オーバーな演技」とか…。


もうはっきり言ってしまうならば、
演出が過剰
もう、この一点ですね。

例えば、原作には渚の泣くシーンはあまりありません。
あまり無いので、ここぞという所で泣く彼女に感動するのですが、
アニメだと泣きまくりですしねぇ…。


また、風子が忘れ去られ、ついには春原にも忘れられるシーンなどは本当に泣けるポイントなのですが、シチュエーションをごっそり変えられたので、なんだか状況に無理な感じを受けてしまいました。

本来なら、どうしようもない憤りの中で荒み切ってしまった朋也が、いつもの調子で話しかけてくる春原に思わずその怒りをぶつけてしまいそうになる直前で、「なあ、風子ちゃんからも言ってくれよ~」と来ます。
そんな切羽詰った状態だからこそ、春原のその一言が効くんだけどなあ…。

また、春原が風子の事を忘れてしまった後、諦めてしまった朋也は風子の事を一切口にしなくなります。
春原に「風子という女の子がいた」という事すら教えないのです。
それなのに春原は風子を思い出します。
風子の「ふ」の字も話してないのに、自力で風子の事を思い出すのです。
そこが春原の見せ場であり感動する所なのですが…、アニメでは「風子風子」って言いまくってますしね…。
あれなら思い出せてもおかしくないよぅ。


やっぱり…泣きのシーンくらいは原作のままやって欲しかったな…
というのは原作厨のワガママでしょうか?(汗)

まあ…原作はノベルゲーム形式なので、主人公「朋也」のモノローグ(ひとり言)で静かに淡々と状況が語られるスタイルなのに対して、
アニメは映像メインなので、どうしても動きや絵で見せないといけない…という制約があるからなのかもしれませんね。
やっぱり、しょうがない事なのでしょう。


今回は「つめこんでみました」感がアリアリでしたね。
もっとゆったりと泣きのシーンを見せて欲しかったのですが、
なんだかんだでもう八話だからこれ以上は伸ばせませんよね(笑)


と、ちょっと(?)辛口な感想でしたが、来週に期待です。
ついに来週は風子シナリオの最終回(…だよね?)。


ただ…尺的にまたつめこみ系の回になってしまいそうですが…。

正しい車の降り方

2007年11月22日 23:39

静電気関連で検索してみたら、
結構みんな車での放電に悩まされてるんだねー。
対策とか色々書いてありました。

車から降りる時は、手のひらを車内の鉄の部分に密着させ、
それからドアレバーを引いてドアを開け、
手のひらはしっかり密着させたまま足を地面に下ろす。

するとアースされて静電気は逃げるそうです。


…って、これは降車時の対策方法じゃん!!

車降りる時に「ばちっ」と来た事は一度も無いなあ。
乗る時だ、乗る時。


(かちゃかちゃかちゃ)←ググり中


えーっと。
乗る時の静電気への対処法。

鍵をしっかりと握り、そのまま先端を車体に当てて放電する。
痛いけど我慢。



…結局痛いんかい…。

僕たちが恋をする理由

2007年11月21日 20:20

人が恋をするメカニズムは、科学的に証明されているらしいね。

好きな人のそばにいるとドキドキしてたり安心したりする理由は、
脳で分泌される脳内麻薬のせいだそうです。
エンドルフィンとかそういうものなのかな。

離れ離れな時に切ない気持ちになるのも、その脳内麻薬への禁断症状だそうです。
麻薬中毒者がクスリの摂取を止めると起こる、アレですね。
そばにいると快感を得られて、いなくなると禁断症状。


恋は盲目、愛は麻薬。

よく言ったものです。

あ。別にそういう事だからと愛の気持ちを否定しているのではないよ。
むしろ「科学的に実証されている」のだから、人を愛した時の幸せな気持ちと切なくなる思いは実際にあるんだよ…って事です。

ちなみにその脳内麻薬。
他の麻薬と同じく「耐性」もあるので、何度も快感を味わっていると鈍くなるそうです。
歳をとると恋への気持ちも鈍くなるのは、そういう理由もあるのかもね。

しらんけど。

自己発電

2007年11月20日 22:17

あー、またこの季節がやってきた。
静電気。

今期初の「バチッ」です。
放電です。


もーいやだー。
これから毎日、車に乗る度に放電するんだろうなあ…。
なんか対策グッズとかないんだろか。
静電気シートとかあるけど、あれって効くんかなあ。

車庫の横に、セルフスタンドにある「静電気除去シート」を貼り付けておきたいわっ!

そっくりさん

2007年11月18日 10:35

先日に書いた「山本正之さんが歌ってんじゃねーの?」動画ですが、
残念、別人でした。

あまりに話題になったので、ちょっとうp主さんも面白がって引っ張ってたもようw
うp主本人がちゃんとネタばらししてました。

歌ってた方は山本似之さん。
有名な「山本正之そっくりさん」らしいです。
と言う事は、やっぱりある意味プロだったのかw


本人ではないと判明した後のニコ厨のコメント。

「今まで夢をありがとう!」

そう言えるニコ厨たちが大好きですw



これを期に、本物さんでてこないかなー。

びふぉあー あふたー

2007年11月17日 03:20

アニメ雑誌にCLANNADの10話までのあらすじが載っていたそうです。
それによると9話で風子シナリオが終わり、10話からはことみがスタートらしい。

風子シナリオで9話…。
まあ最初の4話くらいは「キャラの顔見世」だったから、実際にシナリオに使われた話数は5話くらいなのか。

9話で風子が終わり、そこからことみでも同じように5話使うとすると…ことみエンドは14話。
杏、智代はスルーして渚やったとして、終わるのは19話。

公式サイトのDVD販売予定表によるとCLANNADは全24話。
と言う事は…残り5話。

学園編の倍以上のボリュームを持つ「アフター編」が、たった5話で出来るわけが無い…。


という訳で、巷では「CLANNAD二期説」が出回っています。
24話で学園編をやり、一旦休憩して夏頃から2期として「CLANNAD after story」をやるんじゃないかと…。

それならば、9話で風子が終わって、そこから「ことみ、杏、智代」と5話づつやっていけば、ぴったり24話。
で、渚シナリオは全部やらずに、原作ゲームでいうOPの部分までで終わりとかだったりして。

原作ゲームでは、渚シナリオの終盤で、はじめてOPムービーが流れます。
そこまでのプレイ時間は、ざっと20時間…。
それだけやって、やっとOPがはじまるのです。
というか、そこまでやってやっと「序章の終わり」という意味なんでしょうね…。

アニメ2期説。どーなんでしょうね。
まあ、駆け足で省略しつつアフターやられるよりかはマシですが。
ただ…風子→ことみ→渚→アフターってやってきそうな気もしないでもない。
5話あればなんとでもなるからなあ。



歌:山本正之 コーラス:初音ミク

2007年11月17日 01:25

なんじゃこらーーー!!



なつかし~~。
ゆうきまさみさんの漫画「究極超人あ~る」のイメージソングです。
原曲の作詞作曲者は、あの山本正之。歌っているのも山本さん。
山本さんと言えば日本を代表する作曲家です。


なんだけどが…。

っつか、これ。

どーきーても本人なんだけどw


声もそうだけど、山本節といわれる独特の歌い方や作詞センスまでもが、完璧に一緒なんだけど。
別動画の「比較バージョン」(左スピーカーが替え歌Ver。右は本物)を聴くと、同じ歌詞の部分は完全にステレオになってるんですけど(笑


あ~るかあ。なつかしいなあ~。
ウチの部室にあ~る全巻持って行って常備品にしたのは懐かしい思い出です。
CDとかはもう絶版になってたから手に入らなかったんだよなー。


まあ、ニコニコ動画にプロが出てきたのはこれが初めてではありません。
今までだってプロの漫画家や、(同人出身とはいえ)プロの作曲家がうpしてるのがありました。


…が。

今回のはレベルが違いすぎるww


一世を風靡し、日本を代表する作曲家にして歌手。
「山本って誰じゃ?」という方もいるでしょうから説明すると、
中日ドラゴンズの応援歌の作詞作曲者です。

「も~えよど~らご~んず~」です。

本人が愛知県出身なので、中日関係の歌は沢山作ってるみたいですね。
各選手の応援歌とか。


そしてなんといっても、山本さんといえばアニメソング。

70年代後半から80年代にかけては、もう山本さんの独壇場だったそうです。
特にタイムボカンシリーズは、最初から最後まで曲を作ってたらしいですしね。
多分、誰もが一曲くらいはどこかで耳にしてるんじゃないかな。


そんな御大が初音ミクをバックコーラスに随えての新曲発表w
まーじーかー。

なんか動画内で出てくるイラストも、ゆうきまさみ本人なんじゃないかという疑惑が…。
ゆうきさんが色紙などにさらっと描く時の描き方にそっくりなんだそうです。
あと、筆跡も…。

目立ちませんが、実はなにげに初音ミクの調教レベルも半端ない。
コメントのリンクからいける「急げタクシー」なんて、素人レベルとは思えないし…。
少なくともプロの音楽関係者が作っているんじゃないか、と言われてます。


もしこれが本当に本人達なら、もーすごいね。
こいつら、軽く50歳すぎてんだぜ?w

本物の大人が本気になって遊んだら、こうなるよ…って見せ付けられたようなもんです。

CLANNAD 第七話「星形の気持ち」

2007年11月16日 06:12

はー。
京アニ、やってくれたわ~。

冒頭からいきなりクライマックスとは!


それにしても、ギャグとシリアスなシーンのバランスがいいですね。
だらだらと泣かせるだけではなく、途中でギャグや日常の風景をいれてメリハリをつけているんでしょうね。
「泣け泣け」と泣きのシーンばかりだと観ている方も慣れて飽きてしまいます。
でも、途中にギャグを入れる事で次にくる泣きのシーンが際立つんでしょう。
テンポもいいし、ほんと時間が短く感じるわー。


今週もずっと風子のターン。
そろそろ風子の話も大詰めなのかな?


先週から何度もカットインされているタンポポ。

20071116043926.jpg


今回も冒頭のシーンで一瞬だけ入りました。
これって…花言葉なのかもしれませんね。

タンポポの花言葉は「真心の愛」
…そして「別離」

消えつつある風子の将来を暗示しているのでしょうか…。


とりあえず。
CLANNAD 第七話「星形の気持ち」の感想です。

(↓続きはこちら)
[CLANNAD 第七話「星形の気持ち」]の続きを読む

食欲の秋

2007年11月15日 23:10

食欲の秋なんだけど、食欲が無い。

ええ、まったくない。


マジでこの10日くらい、ずっと一日一食。
いや、ホント。

朝起きるのが苦手なのでいつもギリギリで、
朝っつか仕事が始まるのが遅いので昼は省略して、
で、夜帰ってきて晩御飯食べて、それで寝る。

元々、おかしも食べないし間食もしない。
水分もあまりとらなくなったなあ。
前はとにかく飲み物好きだったんだけど。


なんか食べるのがめんどくさいー。
お腹はすいてるのに、めんどくさい方が強くて食べない。

そうこうしてると胃が慣れたのか、食べなくても平気になってきた。


んー。
やばいか?


ちなみに昨日食べたのは、やきとり6本とご飯と味噌汁。
今日は牡蠣フライとわかめスープとご飯。

はらへらーん。
っつか、なに食べてもおいしくなーい。

青い世界ふたたび

2007年11月14日 23:05

久々にドライブいってみた。

ああ、もちろんひとりでだ…
ほっといてくれ。


山の方をぼーっと走らせて、デジカメで写真でもとるかなーと思ったんだけど、

行ってから気づきました。


デジカメ壊れてるじゃん


なんかディスプレイが真っ青。
シャッターを切ると砂嵐。

なんですかこれは?


全然つかってなかったんだけどなあ。
1年くらい完全放置してたから、スネてんのか?


とりあえず。
紅葉は綺麗でした。

景色は私の心というフィルムにおさめました。

ええ、うまいことまとめたつもりです。
うわなにをするやめ(ry

ネットゲームで逝ってません

2007年11月13日 01:20

全然逝ってません。

あれだ、マジで俺は一度にひとつの事しか出来ない人だわ…。

なにかにハマると他の物がなにも見えなくなる。
熱しやすくて冷めやすいってヤツかもしれないけどな(笑


そーいや、FEZの全国大会はどうなったんかなー。
ウチの部隊からも3チームでてるらしいけど、結果はおろか、誰がでてるのかすら知らんぞ…。
勝ってたらいいなー。

まあ、決勝大会まで行ったら公開羞恥プレイだけどw


今週は「もっと×3勝利をつかめ」イベントやってるみたいだけど、まだ一回もはいってません。

んー、週末くらいは、久々にネトゲで逝っとくか。

専用(BlogPet)

2007年11月12日 07:50

きょうは、専用しなかったよ。

*このエントリは、ブログペットの「しろのすけ」が書きました。

CLANNAD 第六話「姉と妹の創立者祭」

2007年11月09日 05:55

えええええ~…。



20071109171725.jpg
中の人、こんな感じ。

のっけからすみません。
ちょっとテンション落ち気味です…。

完全オリジナルかあ…。
学園祭かあ…。
うぇええぇええええ(謎)



とりあえず、第六話。
風子の創立者祭です。

初っ端からヒトデパンに秋生のイタ電w
今回もギャグ満載でテンポよく楽しめた回でした。

20071109172028.jpg
20071109172112.jpg


「そこはかとなく最悪ですっ!」


20071109174539.jpg

それでもすぐに飛び降りて逃げたりしないばかりか、
またちょこっと朋也にくっつく風子が可愛い(笑


でも…やっぱなあ…。
「感想」カテゴリの方ではネタバレしない主義でいたのですが、
今回だけはちょっぴり原作の話も交えます。
本当にごめんなさい。あまりにもショックだったもので…。

(↓続きはこちら)
[CLANNAD 第六話「姉と妹の創立者祭」 ]の続きを読む

賞金100万円!

2007年11月08日 05:18

久しぶりにFEZ。

なんか公式サイトいくと、全国大会が開催されるとかなんとか。
10人1チームのチームトーナメント戦で、各鯖毎に優勝チームを決めるんだってさ。

で、各鯖の優勝チームは、全国大会という事で東京に集まって決勝戦をするらしい!
そしてそれで優勝したら賞金100万円~!


ギルドウォーズとかでは世界大会(まじで世界大会)とかあるけど、日本主体でやるのは珍しいね。
まあ…ギルドウォーズは賞金10万ドル(1200万円くらい)で、規模が違うけどw


ウチのギルドからも3チームほど出場するらしい。
応援してるぜ、みんなっ!

名言

2007年11月07日 23:12

なんかテレビで、芸能人の名言集みたいなのをやってた。


「後ろを振り返るな。振り返っても決して前には進めない」


いーねー。これ。
過去の栄光にすがっても、それは決して前へ進む事にはなっていない。

芸能人とかだけでなくても、昔に成功している人は得てして過去を振り返りがちになりそうなもの。

「昔はよかった…」とか「オレは前はすごかったんだぞ!」とかね。

そうやって幸せな気持ちになったとしても、それは今の状況から一歩も前に進んでる訳ではないんだよね。
「過去はあんな幸せな経験をしたんだから、今がダメでもオレの人生は幸せだったんだよ」なんて思うのも、やっぱり前に進む気がないんだからダメなんだ。

ただ前を見て一歩進む。
それが人生では一番大事なのかもしれないね。


ちょっと、胸が痛かった。

アシタカっ!

2007年11月05日 22:33

ずっと前に書いたけど、実家で巨大な蜘蛛をみたんです。

夜中にトイレにいって戻ろうとすると、
階段の所で…トトトトトトトトっ という足音が。

何かと思ってふとみると…

く、く、く、く、蜘蛛がっ!!


階段の横の壁を垂直に走る、手のひら大の灰色の蜘蛛ががが!

あれは結構なトラウマになってて、あれはなんだったんだろうなあ…とずっと思ってたんだけど…。
ついにみつけました。



こいつ↓
http://www.youtube.com/watch?v=MBBd7Gv34xI
(ただし、虫が苦手な方はいかないように。ヘタすると忘れられなくなります…)


あー、こいつじゃーー!
もー紛れもなく、こいつじゃー!!

大きさはもうちょい大きかったけど、この顔だ。
階段で出会い頭に目が合ったヤツの顔は、忘れる訳がない。



「アシタカグモ」
名前がわかったのでいろいろ調べてみたら、こいつって益虫なんね。
しかも極め付きの益虫。

人に害はなく、巣もはらず、糞害とかも別にない。
そして主食はゴキブリ…。それもすごい勢いでごっきーを退治してくれるそうだ。
昆虫系はなんでも喰うらしいから、シロアリとか喰ってくれるんかな。
ほんと益虫だ。
あえて害があるとすれば、出会った人に決して消し去れないトラウマを残していく事かw

某巨大掲示板ではコイツ専用スレッドも立っているらしく、そこでの愛称は「アシタカ軍曹」。
特殊部隊のように屋内を徘徊し、日々人知れず静かにごっきーを倒し続ける。
まさに(?)軍曹。

大きさは10cm~18cm程で、足を広げるとCD一枚分くらいになるそうです…って、やっぱでけぇ。
生息地域は雪国を除いた、関東~西日本全土。
むちゃくちゃ普通に生息してますね。

はー。
そういう事を知ってから見ると、なんか愛らしくみえてくるねー。
危害を加えてこないなら、まーいーや。

ごっきー捕まえるので動きは非常にすばやいが、持久力がないのですぐバテて止まるらしい。
性格は臆病で、人間が近づくと必死になって逃げるのだが、視力があまりよくないので相手がどこにいるのかわからず、パニくって適当に走り回ってはバテて動かなくなるそうだw

なんか可愛いぞ、アシタカくん。



まあ。

もう一度会いたいとは思わんがな。まったく。

おとといは兎を見たわ 昨日は鹿

2007年11月04日 05:39

CLANNADのことみシナリオで、とても印象に残るこのフレーズ。

「おとといは兎をみたの。昨日は鹿。今日はあなた」

これについて衝撃の事実を知りました。

これって、とある小説の一文だったんですね。
って、エンディングのスタッフロールをちゃんと最後まで見る人なら、普通に知っている事ですか…そうですか(汗)

でも私は、これをはじめて知り、その小説を読んだ時、一瞬全身に鳥肌が立ちました。


…これ…すげぇ…


というわけで、ネタバレ全開で「ことみシナリオの一文」について書きたいと思います。
例によって未プレイの方はここまでで。

でも、この小説の内容を知っていると、ことみシナリオの見方が変わるかもしれません。
ただ…ことみシナリオ自体、アニメでちゃんとやってくれるのかどうかわかんないだけどね。


(続きはこちら(↓)へどうぞ)
[おとといは兎を見たわ 昨日は鹿]の続きを読む

CLANNADの今後を勝手に考察 その2

2007年11月03日 03:29

まーだー蚊ーがーいーるー。

なんでじゃ!
もう寒いというのに、ウチの部屋には蚊がいます。
それも大量に…。

昨日今日でもう4匹もしとめたよ。
でもまだいるよ。

しかもひと夏を生き延びた勇者なんで、
殺虫剤程度じゃ死にゃあしねぇ。
くそう、痒いぞーー。


というわけで(?)、
「風子シナリオはやらないんじゃね?」と書いた途端に風子シナリオにはいりやがって、まったく立場がない私が通りますよっと。

書く事もないんで、クラナドの今後を勝手に考察してみました。
汚名挽回、名誉返上。

こっちは感想と違ってネタバレ上等で書いてるので、原作未読の方は見ないほうがいいかも。
できるだけわからないようには書くつもりですが…。

それでは続き(↓)はこちらへ~

[CLANNADの今後を勝手に考察 その2]の続きを読む

CLANNAD 第五話「彫刻のある風景」

2007年11月02日 06:18

風子づくしキターーー(マテ

20071102040706.jpg



本当に風子は動くと可愛いねー。
まさに小動物w

幽霊の疑いをかけられた彼女ですが、朋也はそれを信じられません。
というか、普通なら信じません。
触れるし話せるし、そこに実際に存在しているのに、それが幽霊だなんて納得ができません。

「誰かが風子の名を語っているのではないか?」
「なにか理由があって、自分の事を風子だと思い込んでいるのではないか」…
そう朋也に語らせるのは上手いですね。
これで「ひょっとしたら幽霊ではないのかも…?」と思いますし、むしろそっちの方が自然な思考です。
しかし、続けて伊吹亭での姉から聞かされるの衝撃の事実。


朋也はあれで、風子が幽霊だと信じたのでしょうか?
態度とかみてるだけでは、よくわからないんだよね。


まあとりあえず。
CLANNAD 第5話「彫刻のある風景」の感想です。


[CLANNAD 第五話「彫刻のある風景」]の続きを読む


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。