スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CLANNAD 第五話「彫刻のある風景」

2007年11月02日 06:18

風子づくしキターーー(マテ

20071102040706.jpg



本当に風子は動くと可愛いねー。
まさに小動物w

幽霊の疑いをかけられた彼女ですが、朋也はそれを信じられません。
というか、普通なら信じません。
触れるし話せるし、そこに実際に存在しているのに、それが幽霊だなんて納得ができません。

「誰かが風子の名を語っているのではないか?」
「なにか理由があって、自分の事を風子だと思い込んでいるのではないか」…
そう朋也に語らせるのは上手いですね。
これで「ひょっとしたら幽霊ではないのかも…?」と思いますし、むしろそっちの方が自然な思考です。
しかし、続けて伊吹亭での姉から聞かされるの衝撃の事実。


朋也はあれで、風子が幽霊だと信じたのでしょうか?
態度とかみてるだけでは、よくわからないんだよね。


まあとりあえず。
CLANNAD 第5話「彫刻のある風景」の感想です。


[CLANNAD 第五話「彫刻のある風景」]の続きを読む
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。