スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

びふぉあー あふたー

2007年11月17日 03:20

アニメ雑誌にCLANNADの10話までのあらすじが載っていたそうです。
それによると9話で風子シナリオが終わり、10話からはことみがスタートらしい。

風子シナリオで9話…。
まあ最初の4話くらいは「キャラの顔見世」だったから、実際にシナリオに使われた話数は5話くらいなのか。

9話で風子が終わり、そこからことみでも同じように5話使うとすると…ことみエンドは14話。
杏、智代はスルーして渚やったとして、終わるのは19話。

公式サイトのDVD販売予定表によるとCLANNADは全24話。
と言う事は…残り5話。

学園編の倍以上のボリュームを持つ「アフター編」が、たった5話で出来るわけが無い…。


という訳で、巷では「CLANNAD二期説」が出回っています。
24話で学園編をやり、一旦休憩して夏頃から2期として「CLANNAD after story」をやるんじゃないかと…。

それならば、9話で風子が終わって、そこから「ことみ、杏、智代」と5話づつやっていけば、ぴったり24話。
で、渚シナリオは全部やらずに、原作ゲームでいうOPの部分までで終わりとかだったりして。

原作ゲームでは、渚シナリオの終盤で、はじめてOPムービーが流れます。
そこまでのプレイ時間は、ざっと20時間…。
それだけやって、やっとOPがはじまるのです。
というか、そこまでやってやっと「序章の終わり」という意味なんでしょうね…。

アニメ2期説。どーなんでしょうね。
まあ、駆け足で省略しつつアフターやられるよりかはマシですが。
ただ…風子→ことみ→渚→アフターってやってきそうな気もしないでもない。
5話あればなんとでもなるからなあ。



スポンサーサイト

歌:山本正之 コーラス:初音ミク

2007年11月17日 01:25

なんじゃこらーーー!!



なつかし~~。
ゆうきまさみさんの漫画「究極超人あ~る」のイメージソングです。
原曲の作詞作曲者は、あの山本正之。歌っているのも山本さん。
山本さんと言えば日本を代表する作曲家です。


なんだけどが…。

っつか、これ。

どーきーても本人なんだけどw


声もそうだけど、山本節といわれる独特の歌い方や作詞センスまでもが、完璧に一緒なんだけど。
別動画の「比較バージョン」(左スピーカーが替え歌Ver。右は本物)を聴くと、同じ歌詞の部分は完全にステレオになってるんですけど(笑


あ~るかあ。なつかしいなあ~。
ウチの部室にあ~る全巻持って行って常備品にしたのは懐かしい思い出です。
CDとかはもう絶版になってたから手に入らなかったんだよなー。


まあ、ニコニコ動画にプロが出てきたのはこれが初めてではありません。
今までだってプロの漫画家や、(同人出身とはいえ)プロの作曲家がうpしてるのがありました。


…が。

今回のはレベルが違いすぎるww


一世を風靡し、日本を代表する作曲家にして歌手。
「山本って誰じゃ?」という方もいるでしょうから説明すると、
中日ドラゴンズの応援歌の作詞作曲者です。

「も~えよど~らご~んず~」です。

本人が愛知県出身なので、中日関係の歌は沢山作ってるみたいですね。
各選手の応援歌とか。


そしてなんといっても、山本さんといえばアニメソング。

70年代後半から80年代にかけては、もう山本さんの独壇場だったそうです。
特にタイムボカンシリーズは、最初から最後まで曲を作ってたらしいですしね。
多分、誰もが一曲くらいはどこかで耳にしてるんじゃないかな。


そんな御大が初音ミクをバックコーラスに随えての新曲発表w
まーじーかー。

なんか動画内で出てくるイラストも、ゆうきまさみ本人なんじゃないかという疑惑が…。
ゆうきさんが色紙などにさらっと描く時の描き方にそっくりなんだそうです。
あと、筆跡も…。

目立ちませんが、実はなにげに初音ミクの調教レベルも半端ない。
コメントのリンクからいける「急げタクシー」なんて、素人レベルとは思えないし…。
少なくともプロの音楽関係者が作っているんじゃないか、と言われてます。


もしこれが本当に本人達なら、もーすごいね。
こいつら、軽く50歳すぎてんだぜ?w

本物の大人が本気になって遊んだら、こうなるよ…って見せ付けられたようなもんです。



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。