スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダメージ検証結果

2009年06月15日 23:44

動画が出来上がったので、各種コンボダメージの結果を報告します。


・叢雲破 66K (NH18/CH硬22/小22/中27/大29)

袖→P→P+K→KPK (+49) 最軽量の3人ハの字限定
袖→P→P+K→KP (+45) 最軽量の3人正位置
袖→P→KPK (+46) 軽量級、および中量級ハの時限定
袖→2P→KPK (+45) 軽量級、および中量級ハの字限定
袖→2P→KK (+40) 安定、正位置用
2KP→KK (+39) 安定
背側OM→2P→P→KPK (+34) 対アキラ・ジャン・重量級用

やっぱりP→KPKよりも、P→P+K→KPKの方がダメージが高かった。
66Kコンボは強制叩きつけダウンからのコンボなのですが、どうやら追撃の打撃を当てるタイミングによってダメージが大きく変化するようです。
多分「バウンド補正」がかかってしまうタイミングがあるみたい。
打ち上げて落下し、足が斜め45度辺りになった以降に打撃を当てると、50%近い補正がかかっていました。
それよりはやくに当てれば補正なし。
背側OM→2Pなどは、本当に最速でいれないとかなりダメージが減っていました。
袖キャン→Pも補正がかかってしまいやすいです。


・天狗→要打ち (CH小33/中34/大36)

P→KPK (+35) ハの字限定
P→2KPP (+32) ハの字限定?
P→KK (+24) 安定

こちらは足位置によって浮き直しの量が違いました。
ハの時で当てると2KやKで大きく浮き直り、以後のコンボが安定。
正位置だと浮きが低くバウンドコンボ(バウンド補正あり)、キャラによっては最悪スカります。
KPKにいたってはハの字じゃないと完全にスカります。

叩きつけでとっさに足位置みるのは、結構難しいんだよなあ。
でもP→KPKのダメージはかなり魅力的。
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。