スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1日1時間

2010年06月30日 23:38

昨夜のサッカー日本代表…本当に惜しかったですね。
でもよく頑張った!
本当によく頑張った!

今までならもう前半終了くらいで試合が決まってしまっていて、あとは惰性でみるくらいでしかなかったのに、昨日は本当に最後の最後までドキドキハラハラできるいい試合でした。

っつーか、勝てたよなああ!?
あれ、勝てたよなああ!?!?

くっそーーー、マジで悔しい。
というか決勝トーナメントなのに負けて悔しいって思えるのが凄い。
日本のサッカーも本当に成長しましたよね。
4年後が楽しみです。


んで、サッカーが終わってからそのままニコ生へ。
そして延長に延長を重ねてリミット一杯の6時間…やりました…。
6時間、ずーっと喋り続けてました…。
さすがに死ねた。

高橋名人も言ってた通り、やっぱりゲームは1日1時間だ。
スポンサーサイト

ストラ胃キ

2010年06月28日 19:20

ここ数日、非常に調子が悪い。
お腹の調子が悪い。

下痢とか痛いとかではなくて、消化が悪い。
全然胃が動いてないような感じがします。
まったく食べてないのに全然お腹が空かないし、
ちょっと食べただけですぐ満腹になってしまいます。

あー、ほんと、冷たいものを飲みすぎてるのかなあ。
昨日とか一回もエアコンつけず、汗かきながら熱いお茶を飲んだりしてたんだけどなあ…。
熱い風呂につかって体を温めてたら、普通にのぼせて死にました。

うーん、働け、俺の胃。


あ、実況プレイあげてます。
よかったらみてやってくださいね。
次は水曜くらいになりそうだなあ…。


しろのすけは外がほしいな(BlogPet)

2010年06月24日 07:32

しろのすけは外がほしいな。
とりのすけもほしいかな?

*このエントリは、ブログペットの「しろのすけ」が書きました。

2次元と3次元の狭間

2010年06月23日 23:28



うはあ。こりゃ凄い。
最近、ブログで凄い凄いとしか言ってないような気がするけど、本当にこれは凄い。

ランキングにあったのは知ってたのですが、タイトルがあまりにアレなのでスルーしてたこの動画。
あまりの人気っぷりに気になって覗いてみたら…こりゃすげぇ。

元々は使用曲のPVをオマージュした(パクった)ものなんだけど、ラスト付近の手を繋ぐシーンでフレームをパンした演出は本家を超えてます。
あれは素晴らしかった。

DSのフレームをパンして、「あれ? 画面の中の彼女が、現実のオレの手を握ってる…!?」と驚かせておいて、そこからさらに一気にどんでん返し!
一瞬、ビクっとしましたよ。

ちなみにこの動画、AR(拡張(仮想)現実技術)を使っているのか? と騒がれていますが、
これは単純に元の画像の上にDSのフレーム(外枠)だけ合成で上乗せしているようです。
透けて後ろの景色が見えるウィンドウ部分は、クロマキーで抜いてるんですね。
技術的には昔からある手法なのですが、それをこのように使ってくるセンスが素晴らしい。
映像作りに高度なCG技術や画像編集技能なんていらないのです。
シンプルな技法でも、知恵とセンスでこれだけのものが作れる。
映像って、本当にいいものですよね~。
っつーか、最近は個人が持てるようなパソコンだけで簡単なマッチムーブまで出来ちゃうんですね…。
そっちの方も凄ぇよ。

いーやー、この動画、さっきから何回みてるんだろうw
10回はぶっ通しでみたかな。
うん、まだ中毒じゃあない。

スカイパー

2010年06月22日 23:06

先日のニコニコ生放送で、視聴者さんとCoHのマルチ対戦をする機会に恵まれました。
そこでちょっと思ったのですが、やっぱりスカイプ欲しいな…。
せっかくの生対戦なのですから、生で会話しながらの対戦の方が動画的にも面白いですよね。

というわけで、スカイプを導入してみました。

でもまだ誰にもIDを教えていません。
だって…恥ずかしいじゃん。
基本、口下手で内向的なヒッキーなんです…。
(↑ って言ったら、「実況動画をあげようと思って実行してる時点でそれはない」って視聴者に突っ込まれた)

CoHはまだあまり人気はないようですが、また生をやる際にはスカイプIDを晒して会話しながらの対戦をお送りしてみたいです。
AVAとかにも使えるのかな。

そういえばRTS生つながりでAoE3の大会生配信動画をみたんだけど、あれは凄いね。面白いね。
全国大会の決勝戦の模様を配信主が実況解説してる、ってスタイルの動画でしたが、AoE3を知らない人にもわかりやすく解説なされていて、本当に楽しめました。
というか、その決勝戦の内容が、とんでもない神展開の熱い試合だったんだけどね…。
本当に凄まじかった。

CoHの大会とかやってないかなあ。
いやまだ私、Lv10だけど…(しかも先日9に落ちた)。

西へ東へ、南へ北へ

2010年06月21日 23:46



モグフヨさんの新作キターーーー!!

ちっさくの人もそうだけど、ニコニコの東方紙芝居職人の方には、マイナーな曲が好きな人が多いなあw
いや、モグフヨさんはただの民夫スキーか。

しかしこの人は本当に恐ろしく絵が上手い!
これを見終わった後、ニコ動東方星蓮船巡りしたのは言うまでもありません。
個人的には電気笛の人のが好き。

多摩川アンダーザブリッジ

2010年06月20日 23:54



すごいなこれw
いい意味でまさに才能の無駄遣い。

某大学生が、多摩川の河川敷にて2泊3日の自給自足生活を送っている動画です。
持参したのはナイフとマッチと飯盒だけ。

そこらで拾ったペットボトルで川の水をくみ、そこらに生えてる野草を喰って生きてます。
多少グロあり。視聴には注意。
でも食べて生きるとはなんなのかを、少し教えてくれるような動画でした。

そっち系の学生さんなのか、野草や昆虫の知識が豊富で、そのウンチクを聞くだけでも面白いですよ。
おすすめです。

げじげじげじ

2010年06月19日 23:20

なんかここ数日、異様に家の中で虫を見かけるようになりました。
いや、蚊とかハエとかではなく、ムカデを。

ムカデ…っていうか、ゲジゲジ?
足のいっぱいある、あのしゃこしゃこ動くあいつらです。
大きさは2~3cmの小さいヤツから、大きなのは10cmくらいのまで。

1日で2匹は確実にみるな。
去年まではそんな事なかったんだけど、なんで今年になって急になんだろう…。


…ああ。

梅シロップ…か?

創業50年

2010年06月18日 23:58

今日、なにげなく行ってみたうどん屋さんが非常に旨かった。

ものごころつく前からそこにあったのは知っていたんだけど、その物々しい店構えに敬遠していたうどん屋。
なにげに「創業50年」と看板をかかげていたんですね。
っつーかちょっと調べてみると、3年前も5年前でも「創業50年」って言ってたみたいだけど、本当の所はどうなのよ?w

とろろ+玉子の「月見やまかけぶっかけうどん」が600円くらい。
なのにそれとほぼ同じ、とろろ+玉子+特製出汁の「すたみなうどん」が850円していて、なにが違うのか興味を持って注文してみました。

待つこと数分、でてきたそれをみてびっくり。

とろろに埋まっていてうどんが見えねぇ!

そう、とろろの量がハンパないのです。
普通のやまかけうどんは「出汁に浸ったうどんの上にとろろをトッピングしている」ものですが、
このすたみなうどんは「たっぷりのとろろの中にうどんを沈めて、出汁をトッピング」みたいな感じ。
薬味に乗るのはネギと刻み海苔。アクセントの山菜。そして玉子。
これをぐるぐるかき混ぜて、一気に頂きます。

って、とろろの粘りが凄すぎて、餅みたいにまとまるよ!
これは本当に元気になりそうですね。
いや本当に美味しかった。
あんなにとろろの多いやまかけうどんなんて食べた事ないですよ。

また行って来ようかなあ。
大学うどん。

梅シロップ

2010年06月17日 23:01

余った梅で地味に作っていた梅シロップが出来ました。

…できました、っていうか、忘れてました…。


そう、梅シロップは大体1週間くらいで梅をあげるのです。
でも17日間も漬けっぱなしだったぞ…。
これ大丈夫か?

実は梅が少なすぎて7日目くらいに追い梅1kgをやっていたので、
そのせいで梅エキスが出すぎたせいか、水っぽい梅シロップになってしまいました。
まあこれはこれでいいでしょ。さらりとした梅シロップ。

ちゃんと鍋にかけて煮沸消毒3分間。
醒まして冷やしてとろとろのいい塩梅に落ち着きました。
でもとりあえず甘ぇ…。くそ甘ぇ…。
そりゃ梅と氷砂糖のみですもんね。

よし、今夜は梅シロップの梅酒割りだ!(←まだ試飲する気か

そして振り出しに戻る

2010年06月16日 23:00



はやめに出来たぞ、ウルティマアンダーワールド実況プレイ、その24。

…でも、この30分間が完全に無駄に…。
やっぱり銀の種縛りは無謀だったか…。

これ以降もまだ撮っているのですが、かなり長くなりそうなのでカットしました。
次の冒頭にくっつけよう。


よし、実況あげたし、生やるぞーー!(←最近本末転倒気味

5年間お疲れ様でした

2010年06月15日 01:43

数日振りに自分のブログにINしてみると、いきなり画面いっぱいに警告ウィンドウが。
どうやら、使っていたアクセス解析のサービスが停止されたようです。

んー、このブログをはじめて5年。
ずっと使い続けてきたこのアクセス解析。
なにげに2つ目のアクセス解析サービスもプラグインでいれていたんだけど、やっぱり古いこっちの方が断然使いやすかったんですよね。
でもこれも時の流れか。
新しいアクセス解析として新規サービスをはじめるそうです。

うーん、でも新しい方は機能は豊富なんだけどその分使いづらいんだよなあ…。
慣れるしかないか。

わたしは元気です

2010年06月14日 23:55

世の中では、はやぶさの帰還とかワールドカップ初の一勝とか歴史的な出来事で賑わっていますが、
大丈夫。私は生きてます。

いーやー、最近は本当に調子が悪かった。
ぶっちゃけると私、多分クーラー病なんですよね。
クーラー病というか、体温調節が上手く出来ない人。
世間は暑いのに体が寒いと、そのギャップを体が埋められなくて、調子が悪くなるんです。

というわけで死んでました。
おなかいたーい。
ずっと下痢るー。

とりあえずまだ、自宅ではクーラーなしで過ごしてます。
っつーかまだ寒くね?
もっとこう…かーーっと暑くなってくれないかなあ。
基本的に暑いの大好きな人ですから。

ドアは可燃物

2010年06月11日 23:24

萌えるって意味で。



ウルティマアンダーワールド実況プレイ、その23。
もうそろそろ終盤です。
地下8階で終わりみたいだから、あと2階。
でもカビルスの護符はまだ3つ(今回で4つ)しか手に入れてないんですが…大丈夫か?
どこか取り忘れがあるのかなあ。

とりあえず、あと5回くらいで終わらせよう!
大丈夫だ、オレ、できるはず。

あヴぁー

2010年06月10日 23:26

最近よくニコ生をみています。
そこで知ったAVAなる無料FPSに惹かれて、ちょっとやってみています。
もちろんニコ生で配信しながらw

もうホントに久しぶりのFPS。
でもFEZで中級魔法を当ててるから、それと同じ感覚でイケますね。
とりあえず今は初心者クエストをクリアして、脱ビギナー目指してレベルアップ中です。
またよかったら観に来てくださいね。

それにしても、このゲーム(+配信)やってるとCPU使用使用率が100%吹っ切り続けてるのが怖い…。

それで反転する(BlogPet)

2010年06月09日 07:38

きょう、連発ー!
それで反転する?
それでユウと喧嘩された。
それでかすたーどは古城梅へ手当するつもりだった?
でも、しろのすけが糖度へクリアー!

*このエントリは、ブログペットの「しろのすけ」が書きました。

みてません

2010年06月08日 23:30

いかんな。
最近、アニメをみていません。
というか、夜は10時には眠くなって4時に起きるサイクルがまたやってきています。
いやー、お酒飲むと本当に眠くなるよね。
ビール1本で30秒で沈めます。なんというエコロジー。

というわけで、デュラララもエンジェルビートもけいおんも全然みてない!
それでもなんとかみてるのは、Workingと荒川橋の下。日曜日はまだ起きてられるのよ。

いやー、それにしてもWorkingはいいよー。
WEB版もいいよー。
らくがきまんがもいいよー。
ツイッターでの作者と担当のらぶらぶツィートぶりもいいよー。
絶対あの二人、つきあってる(注:両方とも女性です)

1週間目にして試飲

2010年06月07日 21:14

6月1日に漬け始めて、今日で約1週間の我が梅酒。

DSC00876.jpg

バリバリに梅の実が浮いてますがなにか?
というかこれ、大丈夫なのだろうか…。
あまりに浮くと梅が空気に触れてしまい、カビてくるらしいです。
大丈夫かなあ…一応アルコール度数は高めにしてはあるけど。


というわけで、
フタを開けてみたら非常に芳しい梅の香りがしてきたので、辛抱たまらずもう試飲してみてしまいました。
1週間たってるから…普通だよね?


DSC00879.jpg

こっちは南高梅+ホワイトリカー+氷砂糖+黒砂糖。
もうすでに綺麗な琥珀色をしていて、香りも強い梅の匂いがしています。

DSC00882.jpg

一口飲んでみると…おおお!
もうしっかり梅酒になってるよ!
口当たりはさらりと軽く、ちょっと物足りない感もありますが、味と香りは梅酒そのもの。
これ、もう普通に飲めるぞ?
というかこの調子だと、試飲だけで1ヶ月で全部なくなっちゃうかもしれないぞw

でもパンチというか粘度はまだ足りない感じだったので、少なくとも1ヶ月はこのまま放置したいと思います。


で、こっちは44度地酒焼酎+古城梅+氷砂糖。

DSC00885.jpg

黒砂糖を入れてないのでまだまだ透明なお酒ですが、こっちの方が粘度が高く、とろっとした口当たりの梅酒になっていました。
やっぱりアルコール度数が高いからか?
梅の味や香りは上の南高梅のより少なく、まだまだ作りはじめって感じでした。
でもちゃんとすっぱい梅エキスが出てきてて、これはこれで美味しかったヨ。

うーん、本当に1ヶ月で全部飲んじゃいそうな勢いだなw
自重しよう。少なくとも1ヶ月は。

少林寺木人拳

2010年06月06日 23:36



毎回言ってるような気もしますが、やっとこ出来ました。ウルティマアンダーワールド実況プレイ、その22。
今回こそは1週間以内にあげようと頑張ったのですが、謎のサーバによるエンコード失敗エラーが連発して結局0時を回ってしまいました。
うん、言い訳じゃないですよ、言い訳じゃないです。
珍しく「非常に混んでいます」だったから、調子でも悪かったのかな。

今回、マイクを変えているのでちょっと声が違って聞こえるかもしれません。
前の方がいいのかな。前のマイクは感度が高すぎて、クリアに声が入りすぎるのでごまかしが効かず止めました。
ちょっと低感度の方が喋るのは楽だあ。

次こそははやめに…はやめにあげたいので(毎回言ってるな)、もし良かったらまたみにきて下さいね。

あ、コミュ絵が完成してた!
まさかのラーカー着ぐるみで焼酎吹いたw
本当にありがとうございます。あまりに嬉しいのでこれから焼酎飲みます。

バーローは江戸弁です

2010年06月05日 23:30



某検索で偶然ひっかかったこの動画。
開いてみて焼酎吹きましたw

なんだこのバーロバーロ。
バーロバーロ。
バーロバーロ。

こんなに凄い動画なのに、なんで再生数が少ないのかと思ったら、本家は運営削除を喰らってしまったのだそうですね。
これもまた伸びていくのかな。

ちょっと調べてみたのですが、これを歌ってる人は「高山みなみ風の人が~」というタイトルで実況プレイ動画をアップされています。
そちらの方もオススメですよ。
それにしても、声、格好いいなあ。

梅酒2日目

2010年06月04日 23:47

DSC00836.jpg

2日目の梅酒。
なんかすでに黒い…。
そして黄色い…。

これ、大丈夫なのだろうか。

なんかさっきみたら、すでに梅がガンガンに浮いてたしなあ。
砂糖多すぎたか?
それともいきなり砂糖が溶けすぎたか?
(お酒の糖度が高いと梅内部の水分を奪ってしまうので、スカスカになった梅は軽くなって浮く)

ちょっと心配だが…まあほっとくしかないか。

漬けたのは6月1日。

2010年06月03日 23:05

そういえば、梅酒、ちゃんと漬け終わりましたヨ。

DSC00745.jpg


1本目は、普通の南高梅+普通の梅酒用ホワイトリキュール+普通の氷砂糖(+黒砂糖)。
なにげにホワイトリキュールを使ったのって初めてなので、ちょっと楽しみです。
あまりに普通すぎるのも面白くないので、隠し味に黒砂糖を150gほどいれてみました。
でもそのせいで液が黒くにごってきてしまったのが残念。
溶けるのもはやいので、ちょっと失敗してしまったかも。
1週間後くらいに追加でいれればよかったかな…。


ここでちょっと梅酒講座。

なぜ、梅酒には普通の砂糖(上白糖)ではなく、氷砂糖を使うのでしょうか?
答えは「氷砂糖の溶ける遅さを利用するため」です。

梅酒は浸透圧の原理を利用して作られます。
浸透圧とは「濃度の異なる物質が薄い膜を隔てて存在する場合、濃度の薄い方から濃い方へ水分子が移動し、双方を同じ濃度にしようとする現象」です。
梅酒作りの場合は、梅の皮を隔てて存在する「梅」と「砂糖が溶けたお酒」の間で浸透圧による分子の移動が起こり、お酒に梅のエキスが抽出されるのですね。

ですが、いきなり酒に大量の砂糖が溶け出していると、梅よりもお酒の方が濃度が高くなり、梅から水分を吸いだすだけになってしまいます。
これでは充分に梅のエキスを抽出できないため、まずは梅にアルコールを浸入させる必要があるのですね。
だからこその氷砂糖なのです。
氷砂糖は溶けるのに時間がかかるので、周りのお酒は最初の頃は「濃度(糖度)の低いお酒」です。
梅内部の方が濃度(糖度)が高い為、まずはお酒から梅の中へと、アルコールが浸入していきます。
そして梅の内部でアルコールはアミノ酸(梅エキス)と結合し、その後氷砂糖が充分に溶け出して外部のお酒の濃度が高くなってくると、アミノ酸と結合したアルコールは、そのエキスを持ったまま外へと戻ります。
これが梅酒が作られるシステムなのだそうです。

だから最初から砂糖ががっつり溶けてたらダメなんですよね。
なので使う氷砂糖も、小さな粒状のモノではなく、大きなブロック状の方がいいそうです。
ちょっと勉強になりました。


でもそんな事を知らなかった私は、普通にぐるぐる混ぜて溶かしてしまった…。
これは、ちょい失敗したかもなあ…。
とりあえず1ヶ月ほど、待ってみますか。


そして二本目は古城梅の方。

DSC00803.jpg

こっちはちょっとお金をかけて、プレミアムな梅酒を目指してみました。

最初は果糖を使ってみようと思っていたのですが、上記の浸透圧の件を知って中止。
果糖は糖度が高く、砂糖よりも浸透圧が高い(梅の水分を一気に吸う)そうなので、まずはアルコールを梅内部に浸入させる必要がある梅酒作りには適さないような気がしてやめました。

というわけで普通の氷砂糖(選別して大きめなのだけ)を使用。
お酒はホワイトリカーではなく、地元でも最もアルコール度数の高い、44度の無濾過原酒の米焼酎を使ってみました。
通常は樽で寝かせたり、水を加えたりなどをして25~35度に調整される焼酎ですが、これは酒造所で蒸留したてのお酒をそのままビンに詰めただけの完全な原酒。
寝かせてもいないし、ブレンドや加水もしていない非常に荒々しい焼酎ですが、その分本来の旨みが凝縮されたアルコール度数の高いお酒なので、美味しい梅酒も出来るんじゃないかなと期待しています。

シェリー樽10年熟成41度の原酒焼酎もあったんだけど、蔵元さんがいうにはシェリーの匂いがウリのこのお酒では、梅の香りと喧嘩してしまうので梅酒作りには適さないとの事。
やっぱり梅酒作るなら無臭のお酒の方がいいみたいですね。

DSC00816.jpg

最初はお酒と少量の氷砂糖だけを入れ、頃合をみて少しずつ氷砂糖を足していく手法でいきたいと思います。
とりあえず3ヶ月、様子をみてみるかな。

今回を機に色々とネットを漁って勉強してみたのですが、梅酒作りも奥が深いなあ…。
来年は、さらに凝った梅酒を造ってみようかな。
ブランデー梅酒とかにも興味あるし。

DSC00822.jpg
とりあえずこれが1日め。
梅がアルコールを吸って少し膨らんでおります。

なにいいいぃ!?

2010年06月02日 23:02



なんじゃこりゃあああ!!

いやホント、とりあえず最後までみてください。
ある意味1分45秒からが本編です。

マジで「なにいいいい!?!?」って叫んでしまいましたよw

それにしても可愛いなあ、このミニ四駆(?)。
その場反転時の「きゅるんッ」って感じがとても可愛い。

2010年もの梅酒

2010年06月01日 23:40

やっと地元にも青梅が出回り始めました。
色々みてまわっていると、某「産地直送を謳っている店舗」にて古城梅が売られているのを発見しました。
おおお古城梅!

普通梅酒用に売られているのは、皆さんもよく目にしているであろう南高梅なのですが、他にも古城梅という梅酒用の特別な梅もあるのです。
でもこの古城梅は梅干作りには適しておらず、梅として他への転用も効きづらいので生産する農家も少なく、ちょっとしたレアな梅になっているのだそうです。
そんな古城梅が目の前に!
そりゃ買うしかないだろう…って事で、

DSC00629.jpg

ふたつ買ってきました。

そりゃ南高梅の梅酒も味わいたいしねー。
2つ作れば飲み比べもできてお得ってもんですよ。

DSC00636.jpg

こちら(↑)が店頭でもよくみかける「南高梅(なんこううめ)」です。
紀州(和歌山)の南高梅が有名ですね。
実が大きく、皮が薄くて身がたっぷり柔らかいのが特徴で、梅干に最適な梅だと言われています。
色も鮮やかで、所々朱色が混じっているのも美しいですよね。


そしてこちら(↓)が古城梅(ごじろうめ)。

DSC00643.jpg

南高梅と比べると実が小さく、しっかり引き締まっていて青く硬いのが特徴です。
実は小さいですが密度が高く、じつは南高梅より重量が重い。手に持った時にずっしりときます。
この梅は特に香りが強く芳醇で、身の硬さから長時間漬けていても身崩れせず、梅酒に適していると言われています。
ただしその硬さゆえに短期間の漬けでは十分なエキスがでにくく、長期の熟成が必要なのだそうです。


DSC00625.jpg
南高梅

DSC00627.jpg
古城梅


2~3ヶ月の短期間漬けなら、はやくにエキスも香りも抽出される南高梅、
半年~1年クラスの長期漬けなら、強い香りと味を持ち、身も崩れにくい古城梅。
そんな感じで使い分けるのがいいかもしれませんね。

というわけで、今年は2種類作るぞー。
南高の方は夏に飲む用で、古城の方は来年飲む用にしよう、うん。

それでお酒のほうなのですが、ちょっと狙っていた地酒(無濾過原酒、43度の米焼酎)を1升分買おうとすると、軽く1万円近くかかるという事実に直面。
1升(1.8リットル)1万円(+梅代)の梅酒か……じゅるり。

まあとりあえず、2種類、全然違う感じの梅酒を作って飲み比べてみようと思います。
梅酒にはホワイトリカー(甲類焼酎)ではなくて本格焼酎(乙類焼酎)を使うべきだ、という風潮もありますが、梅本来の風味だけを味わいたいのならホワイトリカーを強くお勧めします。
味のあるお酒を使った場合、どうしても梅の風味がそれと混ざってしまいますもんね。
特に芋焼酎で漬けると失敗する事が多いのだそうです。
芋ってクセが凄いからなあ…。
ホワイトリカーは無味無臭に限りなく近いお酒なので、果実酒に適しているのですね。

DSC00648.jpg

とりあえず1本はホワイトリカーで作ってみるかあ。
いっつも蕎麦焼酎でやってたからな…w
あ、ウォッカでもいいな。


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。