スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三の勢力

2009年11月11日 23:28

今、(ごく一部の)巷を賑わせているマギー審司プロモーションビデオ。

いや本当はマギーのPVじゃなくて、アニメ「とある科学の超電磁砲」のOP曲「only my railgun」のPVのはずなんだけどね…。
魔術と超能力が交錯する本格派バトルアニメ(?)「とある科学の超電磁砲」。
そのハイスピードでカッコイイ近未来ロックな曲にマギー審司が出てくきたので、みんな驚き戸惑っています。



いやー、何故だしたしw


でもその余波を受けてか日本奇術協会が地味に人気になっているそうです。
というか、ニコニコ大百科に本人(日本奇術協会のサイトの管理人にして手妻師)降臨って!
久しぶりにリアルに吹きましたヨ。


日本奇術協会とは、日本の手品師の総本山。
その中でも「手妻(和妻)」と呼ばれる、日本古来の手品を行う一派があります。
「てじな」ではなく「てづま」と呼ばれる、江戸時代からの伝統のある演芸で、
日本文化らしく、見立てと背景を重視した、ストーリー性のある舞台演芸なのだそうです。

んー、こんな人達が、まだ普通に活動されてたのね。
っていうかかなり有名だったのね、その道では。


そしてその手妻の第一人者である藤山新太郎氏の本弟子の藤山晃太郎さんが、この一連の騒動の(影の)火付け役でした。
っつーかこの人、普通にニコ厨だったのねw
むしろ精力的に動画をアップされてたのね。

この動画とかは有名なので、知ってる人も多いかもしれません。



袴なのは、勿論日本演芸だからw
さすがのこだわりです。


こっちは本業の手妻(日本古典手品)の中から「紅一葉」。



背景や見立てを音声でガイドしてくれる、親切な動画です。


なんかこの師弟、
つい最近、江戸時代に失われた伝説の和式手品「呑馬術(馬を飲み込む手品)」を復活させたそうですよ…。
普通にニュースになってたらしい…。
やっぱり凄い人なんだ。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://whiswhis.blog46.fc2.com/tb.php/1098-982c8968
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。