スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よつどもえ 増量中!

2011年01月28日 23:49

という訳で。
いつものように、先日発表されたCoHベータパッチの修正版のメモ書きです。
翻訳怪しい所もありますので、参考程度にご覧いただければと思います。

うん、ついにきたよー! アメリカの弱体化!!


・共通事項
釘付け状態になったユニットは、もうスキルを使用できません。

・アメリカ軍
粘着爆弾の研究完了による、ライフルマンの経験値獲得量アップ効果を削除。
BARの研究完了による、ライフルマンの経験値獲得量アップ効果を削除。
補給所のバージョンアップによる、ライフルマンの経験値獲得量アップ効果を増大。
ATクルーのHPがアップ。300→390
M10駆逐戦車の主砲の、サイドスカート付き四号戦車に対する命中率が低下。1→0.94

・イギリス軍
リコン狙撃銃を装備したトミーは、もうタコツボ壕を掘れません。
クロコダイルのPOPコストが16→10に軽減。
テトラークの主砲のリロード時間が4→5に増大。
スチュアートの散弾の命中率が大きく上昇。中距離0.55→1、遠距離0.35→0.75
チャーチル戦車が強化。
-POPコストが14→8に軽減。
-主砲着弾時の炸裂範囲が大幅(2倍)に拡大。

・ドイツ国防軍
メディカルキット使用のコストが弾薬35→30に軽減。
マシンガンの耐久値がアップ。300→390
PakクルーのHPがアップ。300→390
ゴリアテはもうブレンガンに足止めさせられません。
ゴリアテの方向転換速度が向上。45→65
防衛ドクトリンのアビリティ「ロケット砲」の範囲ダメージが増大。(遠~中距離で約2倍)
電撃戦ドクトリンの「資源電撃」使用に必要な弾薬コストが200→175に軽減。
電撃戦ドクトリンの「電撃的強襲!」使用に必要な弾薬コストが150→125に軽減。
パンツァーファウストの、ブレンガンキャリアに対するダメージが上昇。1.3→1.45
パンツァーファウストはもう目標を外しません。
将校による砲撃要請の途中キャンセルが不可に。
パンツァーシュレックの、ハーフトラックに対する命中率が低下。1→0.85

・ドイツ機甲師団
オチキスのスツーカ砲撃のリロード時間は、ベテランシーが上がる毎に短縮されます。
オチキスの主砲のリロード時間が最短で4秒に。
シュビムワーゲンのスキル「目標をマーク」のリチャージ時間が10秒→25秒に増加。


アメリカ弱体化、来たには来たけど、
微妙だあ~~~~~!!

(↓という訳で、例によって感想です)


即BARライフルマンスパムでの脅威のひとつだった「所得経験値アップ効果」が削除されました。
これは、兵舎でBARや粘着爆弾の研究をすると、武装の配備と共に「ライフルマンが敵を倒した際に得る経験値にボーナスがかかる」というもので、2つとも研究が完了すると約10%も増えていました。
ベテランシー効果の高いアメリカ軍では、これが結構大きかったんですよね。
ですがこのパッチからその効果が消え、代わりに「補給所のアップグレード」による経験値ボーナスの量が増えています。
正確な数字は発表されていないのですが、おそらく補給所レベル2(最大)まであげると今まで同じになるのでしょう。
つまりレベル1で+5%、レベル2でさらに+5%されて+10%という感じでしょうか。
補給所のアップグレードには膨大な資源が必要なため、これを毎回あげるのは現実的ではありません。
そういう意味ではライフルマンは弱体化したと言えるでしょうね。
うむ、よくやったあレリック。家に来て妹をふぁ(自主規制


イギリスは、リコン狙撃銃を装備した歩兵が、たこつぼ壕を掘れないようになりました。
これはPEに対してよく行われていた「敵陣目の前の最重要拠点に、即たこつぼ壕を掘って篭る」という戦法を防止する為でしょう。
これやられると、結構キツかったんだよなあ。
イギリスは初期配備されてるユニットがこのリコン歩兵であり、彼らは中尉がいなくても移動速度が落ちません。
この特性を利用できなくなっただけでも、PEにとってはありがたいかもしれませんね。

チャーチルは大きくパワーアップ。
主砲の炸裂範囲が2倍に増え、さらに対歩兵戦車として完成しつつあります。
「炸裂範囲」とは砲弾が着弾した地点からどれくらいの距離までダメージを与えられるかという数値で、多ければ多いほど外れてもダメージを与えられますし、密着した場所に打ち込んだ際に巻き込める数も増えます。
が、それでも最大で1なので、PEの4短さん(最大範囲は3m)のようにはいかないんですけどね…。


ドイツ国防軍には、さらに強化の変更が!
メディキットのコストが30になったのは非常に嬉しい。
ドイツはアメリカと違って病院でHPが自動回復するわけではないので、回復手段のコストが安くなったのはとても大きい。
電撃戦ドクトリンは人気のない不遇なドクだったので、ここでの強化はテコ入れのようなものでしょうか。
「電撃強襲」や「ロケット砲撃」、「資源電撃(マンパワーを900得る)」→「ティーガー召喚」による一発逆転を狙って欲しいのかもしれませんが、そもそも1vs1でドクトリンが全部埋まるなんて事がねーよ ^^;
将校による砲撃要請のキャンセルも出来なくなっています。
これは「砲撃要請→発炎筒が落ちてくる→(敵、ビックリして撤退)→キャンセル」で、コストを使わずに「おとり砲撃」が出来た事への修正ですね。
このパッチからは、砲撃要請をした瞬間にコストとして弾薬150を消費するようになっています。
キャンセルしても戻ってこないので、これからは逆に気をつけないといけなくなりそうですね。


パンツァーエリートの変更点は…ほとんどなし。
あれ? 息切れかな??
一応オチキスが強化されていますが、レリックはどうしてもオチキスを使って欲しいらしい。
でも、まだまだ弱いんだもん…。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://whiswhis.blog46.fc2.com/tb.php/1417-8d9d583c
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。