スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武装も大事だよー

2011年02月04日 23:42

と、言うわけで、初期歩兵の武装説明の第二弾。
今回はアップデートで得られる武器をそれぞれ紹介したいと思います。

アメリカのBARの威力が強烈で印象強いですが、実は他の武器だって強いんだぜ?


(↓例によって「続きを読む」へGO)


・Browning Automatic Rifle (ブローニング自動小銃)
ダメージ:7 射程:35y 命中率(遠20%、中45%、近75%) 装弾数:20
リロード速度:3.5-2.5s クールダウン:2-1.5s AIM速度:0.25s
クールダウン補正(遠x2、中x1、近x0.45) AIM速度補正(遠x1、中x1、近x1)
連射数:7発 移動時の連射数:7発 移動攻撃ペナルティ:x0.5

アップデート武器の代名詞(?)、BARことアメリカのブローニング自動小銃です。
ダメージは一発につき7。それが7連射(連射数7)で合計49ダメージを与えられます。
連射系武器は1発ごとにそれぞれ命中判定が行われるそうなので、近距離(命中率75%)で1掃射(7発連射)しすると、単純計算で5発命中の35ダメージになります。

バラックでのBARの研究の完了で、全てのライフルマンにそれぞれ2丁ずつ配備されます。
この「全ての歩兵」というのがBARの恐ろしさの最大の要因。
研究に燃料が60も必要ですが、こんなコストパフォーマンスのよいアップグレードはありません。
汚いさすがアメリカきたない!
歩兵がいればいるほど効果が高いので、BARを研究するのなら歩兵メインで。
高いコストを払ったのに、フィールドにライフルマンが1部隊しかいないなんて事にはならないようにね。

この武器は「制圧射撃」のアビリティを持っていて、弾薬を40消費して使用すると「命中率が激減(0.3倍)する代わりに、制圧力が激増」します。
元々持っている制圧力も高く、これを使うと1掃射ちょい(約10発)でヴォルクスやPGを制圧状態にしてしまえます。
制圧状態の敵はほとんど攻撃力を持たないので、一方的に攻撃できるようになります。
ただ制圧射撃中は命中率が激減してしまうので、他のライフルマンをトドメ用に持ってきましょう。効率よく敵を倒せます。

BARの得意な距離は「近距離」です。
中距離も命中率45%とそれなりにあるのですが、遠距離になると20%とほとんど当たらなくなります。
やはりライフルマンの本領は近距離。走って走って近づきましょう。


・Maschinen Pistole 40 (MP40短機関銃)
ダメージ:5 射程:30y 命中率(遠10%、中45%、近75%) 装弾数:21
リロード速度:3.5-2.8s クールダウン:2-1.5s AIM速度:0.5-0.25s
クールダウン補正(遠x1.5、中x1、近x0.3) AIM速度補正(遠x2、中x1、近x0.1)
連射数:7発 移動時の連射数:10~11発 移動攻撃ペナルティ:x0.2

ドイツ国防軍のヴォルクスに、弾薬を50支払って装備させられるサブマシンガンです。
アメリカと違って部隊ごとのアップグレードなのが欠点ですが、こちらは1部隊に5丁配備されます。

ダメージ5の弾を7連射するので合計で35ダメージ。
MP40はBARと違って「移動時は連射の射撃数が増える」という特徴がある(というかBARだけ無い)ので、移動攻撃時は10連射となって合計ダメージは50になります。
が、この武器は移動攻撃時の命中率ペナルティが0.2倍(80%ダウン)と極めて高いため、走りながらの射撃はほとんど効果がありません。
MP40を持ったらしっかり止まって射撃です。

この武器の得意な距離は「近距離」です。
特に遠距離の命中率が10%とほぼ皆無なため、とにかく走って近づいて撃ちましょう。
でも移動攻撃ペナルティが高い…。
なので、この武器の最も効果的な使い方は、数にまかせての万歳突撃、もしくは拠点の防御です。
カバーに入れて待ち伏せしたヴォルクスに相手の方から走って近づいて来てくれる様な状況を作れば、MP40は無類の強さを発揮してくれるでしょう。

アメリカのBARと近距離でガチで撃ち合った場合、5丁装備されているのが有利に働いて撃ち勝てます。
ただし制圧射撃を使われたら負けてしまうので注意。
また、逃げてるライフルマンを走って追いかけないように!
BARは移動攻撃ペナルティが0.5倍と少ないので、数字通り一方的に撃たれて負けてしまいます。


・MaschinenGewehr42 Light Machine Gun (MG42軽機関銃)
ダメージ:5 射程:40y 命中率(遠10%、中30%、近75%) 装弾数:100
リロード速度:6.5-6s クールダウン:3.5-3s AIM速度:0.25s
クールダウン補正(遠x1.2、中x1、近x0.6) AIM速度補正(遠x2、中x1、近x0.1)
連射数:15発

T2ユニットである擲弾兵に、弾薬75を払って装備させられる軽機関銃です。
1回のアップグレードで1丁配備され、擲弾兵は最大で2つまで所持できます。
ダメージは5と低いのですが、1掃射で15連射するので合計ダメージは75。
中距離以上の命中率はあまり高くなく、この武器も得意距離は「近距離」となっています。
つまり走って近づく必要があるのですが、この武器には大きな欠点があって、なんと移動中は射撃ができません。

なので、これも拠点防御に適した武器と言えるでしょう。
制圧能力もBARと同等で連射数は15と多く、歩兵支援にも向いています。
小火器の中でも最も長い射程40yを活用して、遠距離から味方を援護するのもいいかもしれませんね。

MG42は「走っていると撃てない武器」なので、アグレッシブに動かしたい歩兵にはあまり装備させない方がいいかもしれません。


・Bren Light Machine Gun (ブレン軽機関銃)
ダメージ:5 射程:35y 命中率(遠17%、中35%、近65%) 装弾数:50
リロード速度:5s クールダウン:2-1.5s AIM速度:0.25s
クールダウン補正(遠x1.5、中x1、近x0.6) AIM速度補正(遠x2、中x1、近x0.1)
連射数:7発

弾薬を75消費してトミーに2丁配備する、イギリスの軽機関銃です。
威力、連射数、命中率などドイツのMP40に似ていますが、いくつかの点で少しずつ劣っていて、しかもこの武器も移動中は撃てないという欠点を持ちます。
が、この武器の最大の利点は「足止め(Button Enemy Vehicle)」という、敵車両の視界と足を奪うスキルを持つ事。
チートか!?という程の効果を持つスキルなので、少なくとも1部隊は持たせた方がよいでしょう。
「足止め」は、20秒間、敵車両の視界を99%奪い、速度を90%奪い、加速力もほぼ0にしてしまう制圧射撃で、これを受けた車両はほぼ無力化します。
これで足を止めてPIATでトドメを刺す、というのがイギリスの基本パターンのひとつです。

一応武器としても遜色ない性能はあるので、対歩兵銃としても充分使っていけます。
特にイギリスにはブレンガンキャリアがあり、ブレン軽機関銃持ちのトミーをブレンガンキャリアに載せて特攻といった戦法もよく使われています。
この武器は、得意距離が近距離なのに移動中は撃てないという致命的な欠点を持つのですが、ブレンガンキャリアに乗せてしまえばその欠点も全て消える(搭乗中は停止状態とみなされる)ので大きなアドバンテージとなります。

ただしわずかに他より劣るのも事実なので過信は厳禁。
MP40持ちのヴォルクスと近距離でガチで打ち合うと、ソルジャー装甲(ダメージ40%カット)をもってしても撃ち負けてしまいます。
中尉さんがいれば逆に完勝できるので、出来るだけ中尉と一緒にいましょう。


・MP44 Assault Rifle (MP44アサルトライフル)
ダメージ:7 射程:35y 命中率(遠10%、中30%、近90%) 装弾数:30
リロード速度:4-3.5s クールダウン:2-1.5s AIM速度:0.25s
クールダウン補正(遠x1.5、中x1、近x0.2) AIM速度補正(遠x2、中x1、近x0.1)
連射数:7発 移動時の連射数:10~11発 移動攻撃ペナルティ:x0.75

ドイツ機甲師団のPG(装甲擲弾兵)や国防軍の騎士十字章佩用者(KCH)に配備できる、世界で最初の突撃銃(アサルトライフル)SturmGewehr44です。
1発のダメージは7の7連射でダメージ自体はBARと変わりませんが、最も注目すべきはその命中率。
近距離90%はまさに鬼。近距離の鬼無双です。
しかも移動攻撃時のペナルティが0.75倍と極めて少ないため、走って近づいてもほとんど能力は落ちません。
まさにアサルト! 走って突撃してこそ光る武器! さすがドイツだカッコイイ!!

そして極め付きの長所は、連射型の小銃の中で唯一「威力補正が無い」という性質。
BARやMP40に限らず、連射可能な全ての歩兵銃には、命中率低下やダメージ低下のマイナス補正がかかっています。
これは連射式銃のあまりの威力の高さにバランスをつける為の物のようで、「ダメージ0.75倍」や「命中率0.75倍」と結構大き目の補正がかかるのですが、なんとMP44にはこれがない!!
ダメージが丸々通る、実質的には他の武器の1.25~1.5倍の威力という極めて強烈な銃です。

そしてこの武器の得意距離は、もちろん「近距離」。
特に中距離以降では命中率が激減してしまうため、とにかく近づいて撃ちましょう。
移動攻撃ペナルティの少なさを活用して、地獄の果てまで追い詰めて殲滅してあげましょう。

ただ問題は、この武器を持てるのが「1部隊につき3人しかいない」PGとKCHという点。
アップグレードで部隊員全員にMP44が配られるとはいえ、やはり3人では力不足はいなめません。
一応PGはアップグレードで部隊員を4人に出来るので、これらを利用して効果的に運用したいですね。
KCHさんは持ち前のタフさ(耐久力90×3→全体で270、かつヒロイック装甲(ダメージ25%カット))に期待しましょう。


といった所で今回はおしまい。
イギリスのトミーやパンツァーエリートのPGには他にも武器があるのですが、これはまた次回。
シュレックや無反動砲の紹介と一緒に書きたいと思います。

それでは良いCoHライフを~。



~まとめ~

・Browning Automatic Rifle (ブローニング自動小銃)
ダメージ:7 射程:35y 命中率(遠20%、中45%、近75%) 装弾数:20
リロード速度:3.5-2.5s クールダウン:2-1.5s AIM速度:0.25s
クールダウン補正(遠x2、中x1、近x0.45) AIM速度補正(遠x1、中x1、近x1)
連射数:7発 移動時の連射数:7発 移動攻撃ペナルティ:x0.5
配備数:1部隊に対して2丁

・Maschinen Pistole 40 (MP40短機関銃)
ダメージ:5 射程:30y 命中率(遠10%、中45%、近75%) 装弾数:21
リロード速度:3.5-2.8s クールダウン:2-1.5s AIM速度:0.5-0.25s
クールダウン補正(遠x1.5、中x1、近x0.3) AIM速度補正(遠x2、中x1、近x0.1)
連射数:7発 移動時の連射数:10~11発 移動攻撃ペナルティ:x0.2
配備数:1部隊に対して5丁(全員)

・MaschinenGewehr42 Light Machine Gun (MG42軽機関銃)
ダメージ:5 射程:40y 命中率(遠10%、中30%、近75%) 装弾数:100
リロード速度:6.5-6s クールダウン:3.5-3s AIM速度:0.25s
クールダウン補正(遠x1.2、中x1、近x0.6) AIM速度補正(遠x2、中x1、近x0.1)
連射数:15発  配備数:1部隊に対して1丁(最大で2丁まで可能)

・Bren Light Machine Gun (ブレン軽機関銃)
ダメージ:5 射程:35y 命中率(遠17%、中35%、近65%) 装弾数:50
リロード速度:5s クールダウン:2-1.5s AIM速度:0.25s
クールダウン補正(遠x1.5、中x1、近x0.6) AIM速度補正(遠x2、中x1、近x0.1)
連射数:7発 配備数:1部隊に対して2丁

・MP44 Assault Rifle (MP44突撃銃)
ダメージ:7 射程:35y 命中率(遠10%、中30%、近90%) 装弾数:30
リロード速度:4-3.5s クールダウン:2-1.5s AIM速度:0.25s
クールダウン補正(遠x1.5、中x1、近x0.2) AIM速度補正(遠x2、中x1、近x0.1)
連射数:7発 移動時の連射数:10~11発 移動攻撃ペナルティ:x0.75
配備数:1部隊に対して3丁(PG、KCH)ないしは4丁(4人編制化したPG)


コメント

  1. くぬぎ | URL | u28AxAw6

    Re: 武装も大事だよー

    ありがたやありがたや。

  2. 流れの冒険者 | URL | HfMzn2gY

    Re: 武装も大事だよー

    はじめまして。
    ベータ版の情報を探してたどり着きました。
    BARにはいつも蜂の巣にされています・・・

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whiswhis.blog46.fc2.com/tb.php/1423-64d1d3dd
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。