スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひよっこ艦長日誌 6日目

2007年01月03日 16:29

さて、続けて私だ。


今回は艦長のあやつるアイコンについて説明したい。
クルーが全員外国人なので、日本じn…じゃない、外国語の喋れない艦長達は苦労している事だろう。

少しでも手助けになればと思う。

みな、頑張ろう。


まずは右下の操作盤。

sh007.jpg

左から、速度・操舵・深度

それぞれ直接クリックする事で操作できる。


速度は黒い文字が前進、赤い文字が後進になる。
一番下が「All Stop」でエンジン停止。
それ以降横にずれる毎に「出力1/4」「1/3」「1/2」「3/4」「フル出力」となる。

エンジンは出力1/3が最も燃費が良いので、長距離航行する場合は1/3で進むようにしよう。



・中央のメーターは羅針盤。

東西南北の絶対値であり、クリックした方角へ進路をかえる。
ちなみに左下のボタンを押すと舵メーターにかわり、取り舵面舵とクリックした方向へ進路をかえる様にもできるぞ。


・右のメーターは深度計。

クリックした深度まで艦が沈降する。
デフォルトでは25mまでしかないが、左下のボタンを押す事で100m以上の数値が出てくる。

ちなみにUボートの限界深度は100m付近なので、それ以上は潜らないように注意しよう。
潜望鏡が海上に届く深度(潜望鏡深度)は13~15m程なので覚えておくとよいだろう。


一番右上にある小さな数字は「ゲーム速度の倍率」だ。
テンキーの「+」を押せば加速し、「-」を押せば減速する。
長距離を移動する時は加速しておこう。



次はクルーをクリックした時にでてくるアイコンの説明をしたい。


航海長をクリックした時に現れるアイコン。
sh004.jpg

左から
「進路自動設定」
さらに「ジグザグパターン」「螺旋パターン」「X字パターン」を選択する。
この命令を実行すると、海図に自動的に進路が書き込まれる。

「螺旋パターン書き込み」
上記の「螺旋パターン」と同じ効果。

「レポート報告」
ポイントした場所までの「到達予定時刻」「消費燃料」「距離」などを報告させる。
また「自艦のキールと海底までの距離」を、ソナーで測らせる。
ソナーで測らせるという事は、敵のパッシブソナーに合図を送っているようなものなので、周りに敵がいる時は気をつけるように。

他にも現在の天気と波の高さを報告させる。
波の高さはデッキガンの使用に関係してくるので重要だ。

「進路へ戻る」
海図に書き込んだ(プロット)進路へ戻る。



機関長(副長)のアイコン。
sh003.jpg

左から
「推進モードを変更」
たくさんのサブアイコンが開く。
スクリューマークが点灯している時はエンジンモード
2つ積んでいるエンジンをフルで使用して航行している。速いぞ。
バッテリーマークが点灯している時は充電モード
2つのエンジンの内、ひとつをバッテリー充電の為に発電機として使用している状態だ。
速度は遅いが、バッテリー残量が回復していく。

ちなみに潜航中はエンジンは使えない。
バッテリーの電力のみで航行するので、バッテリー残量には注意だ。

また、航行モードも切り替えられる。
・スクリューから円があまり出ていないアイコンは「サイレントモード」
エンジン出力は最低しか出ないが、静音航行をする。
またこの状態では、魚雷装填や故障箇所の修理も行われない。
敵に気づかれにくいぞ。

・スクリューから円がたくさん出ているアイコンは「通常モード」
エンジンを100%使用できるが、騒音が外に漏れる。

「進路設定」
副長が指示に従って自動で回避行動をとる。
装備が整ってくると、デコイ(おとり)を放出できようになるぞ。

「緊急潜行」
緊急潜行と緊急浮上を指示する。
緊急浮上には圧縮空気が必要になり、船内の酸素が激減する。
窒息には注意だ。

「潜望鏡深度」
アイコンをクリックすると、自動的に潜望鏡深度まで潜る。
非常に便利だぞ。

「リポート提出」
残り燃料や空気、艦内のCO2の量を報告させる。



水雷長のアイコン
sh005.jpg

「潜望鏡でのデータ入力」
潜望鏡でロック(目標にあわせてLキー)した船のデータを自動で報告させる。
サブアイコンが3つ開き、カタログマークアイコンは敵艦の種類を、コンパスマークは距離や方角のデータを魚雷に入力させる。
魚雷マークを押せば、データ入力から魚雷発射まで、すべて水雷長が全自動で行うぞ。

ちなみにリアリズム設定が高い場合は、この命令は使えない。
自分で手動でデータ入力しよう。

「ターゲット選択」
このアイコンを押すと、最も近くにいる目標を自動でロックする。
サブアイコンが開き、それぞれ「全ての船舶」「商船」「軍艦」「近くにいる最適な船」をロックするぞ。

「航跡表示」
海図上に魚雷の航跡を書き込ませる。

「残弾報告」
艦内の残弾を報告させる。



哨戒長のアイコン
sh002.jpg

「ターゲット選択」
近くにいる目標をロックさせる。
水雷長のとほぼ同じだ。

「艦橋クルーへの指示」
哨戒長に、艦橋クルーへ指示させる。
デッキガンや対空砲に、クルーを自動配置するぞ。

「残弾の報告」
艦内の残弾を報告させる。
水雷長のとほぼ同じだ。

「デッキガンでの攻撃命令」
デッキガンで攻撃させる。
サブアイコンが開き、攻撃を開始する距離と目標場所を細かく指示できるぞ。

「対空砲での攻撃命令」
対空砲で攻撃させる。
サブアイコンが開き、攻撃を開始する距離と目標場所を細かく指示できるぞ。

「報告」
哨戒長に、最も近い船舶の情報を報告させる。



ソナー員のアイコン
sh006.jpg

「レポート」
ソナー員が最近探知した音源を復唱させる。

「水中マイクの設定」
ハイドロフォン(水中マイク)の設定を選択する。
通常モードと、最寄の船1隻を追い続けるモードとを切り替える。

「アクティブソナーの設定」
探信音を使用して、目標との距離を正確に測定させる。
探信音を打つという事は、相手のソナーに合図を送っているのと同じなので、ソナー持ちの船に使用する時は十分注意しよう。



通信兵のアイコン
sh001.jpg

「レポート」
サブアイコンが4つ開く。
それぞれ「最後の通信の復唱」「司令部へ、敵発見の情報を報告」「司令部へ任務状況の報告」「新しい任務を司令部へ要求」だ。

「レーダー」
海上レーダーの使用を指示する。
レーダーは後期のUボートにならないと装備できないぞ。
サブアイコンで「レーダーOFF」にも出来る。
レーダー波は敵に探知される可能性があるので注意だ。

「蓄音機」
自分の好きな曲をかけることが出来る。
音楽ファイルを指定フォルダにいれておけば、自由にいつでも流せるぞ。
これによって敵に探知されやすくなるかどうかは不明だ…。



これでアイコンの説明は終了だ。
みな、頑張って貰いたい。

次は魚雷の種類と、発射のプロセスでも紹介したいぞ。


まて、次号!!



コメント

  1. 通りすがし | URL | -

    Re: ひよっこ艦長日誌 6日目

    はじめまして。

    僕もサイレントハンターをこの正月にGETして、始めてみました。全然意味が判らず詳しそうなサイトを探している間にこちらにたどり着きました。よろしくお願いします。

    質問があるのですが、僕は今魚雷発射の練習中ですが、HNさんによると練習では全て自動となっているとことですが、全然上手く当たりません。今、行っている手順は潜望鏡で目標を見つけたら、ロックして、直ぐに撃つだけなんですが、、、。これだけでは何か足らないのでしょうか?他に何かしなければならないことがあるのでしょうか?例えば船の頭を敵に向けるとか???素人の質問で申し訳ないですが、教えてもらえると嬉しいです。これからも寄せていただきますので是非よろしくお願いします。


  2. とり | URL | -

    Re: ひよっこ艦長日誌 6日目

    うむ。はじめまして。
    こちらこそよろしくだ。

    私も最初は本当に苦労した。
    お役に立てると嬉しいぞ。

    魚雷発射なのだが、ロックして即撃つのは問題ない。
    ただ魚雷が曲がっていく角度には限界があるので、できるだけ艦首を敵に向けていた方がよいぞ。

    魚雷データ入力画面で緑の線が自艦から出てると思うが、それが魚雷の発射進路だ。
    これが敵の方に向いていないと当たらないぞ。

    自分の真横の敵などには当たらないから注意だ。

    また、撃った後に敵が進路を変えたり、速度を変えたりすると、まず当たらない。
    撃った後に自動でホーミングするような機能はまだないので、撃ってしまったら後は予測場所に真っ直ぐ走って行くだけなのだ…。

    敵が進路を変えるのは、こちらの存在に気づいた時が一番多い。
    撃つ瞬間まで気づかれないように、撃った後もできるだけ気づかれないように気をつけよう。

    エンジン音が一番気づかれやすいぞ。

    また、発射ボタンを押してから実際に撃つまでタイムラグがあり、その時間差で魚雷の到達する地点がズレる場合がある。
    特に目標地点が遠いと沢山ズレるぞ。

    それを防止するために、あらかじめ魚雷発射口のシャッターを開けておこう。
    発射魚雷を選択(緑のボタンを押して選択)後に、「Q」キーでシャッターを開けられるぞ。

    シャッターを開けっ放しでは水の抵抗が大きくなって、艦の進む速度が遅くなるそうなので気をつけよう。

    今はアカデミーなのかな?
    いつか一緒に、ヨーロッパの海で大暴れできる事を願っている。

  3. 通りすがし | URL | -

    Re: ひよっこ艦長日誌 6日目

    おお、素晴らしい教えをありがとうございます。すぐに是非実践してみます。これからも、もし分らなければ質問させてもらっていいですか?

    どうもありがとうございました!!

  4. とり | URL | -

    Re: ひよっこ艦長日誌 6日目

    うむ。もちろんだ。
    私もまだまだいたらぬ所ばかりだが、力になれれば幸いだ。

    潜望鏡画面で、右上の「ノートパット」に数値が入っている事を確認してから撃つのだぞ。
    そこさえ数値が入っていれば、あとは水雷長まかせでOKだ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whiswhis.blog46.fc2.com/tb.php/232-140a5bd8
この記事へのトラックバック


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。