スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットとマスコミ

2007年12月10日 23:20

最近の「テラ豚丼」といい「KFCゴキブリ揚げ騒動」といい、ネットから派生して社会問題になるケースが増えています。
Mixi関連も相変わらず多いみたいですね。
未成年の喫煙飲酒から犯罪自慢まで。

上記のKFCの彼は、高校を自主退学したそうです。
某一流大学の付属校で、大学への推薦も決まっていたそうですが、
mixiへの遊び半分の書き込みで人生が大きく狂ってしまいました。

これらの事件は、ほとんどが2chVIP板から火がついたそうです。
俗に言う「VIPPER」達が、事件に関連する場所へ電凸(電話突撃)、店凸(店舗突撃)して、
その様子を録音録画してネットに流しました。
KFCの広報との電話やり取りなど、ニコニコ動画にもアップされていましたね。
こういったソースにマスコミが喰いつき、ニュースで放送されているそうです。
報道素材がネットに無料で転がってるんですもんね、そら使わない手はないでしょう。

また、Mixi関連では上記のKFCの当事者から派生して、
その隣の席の人や友人まで祭り上げられていました。
・・・まあ、そのほとんどが、日記に喫煙飲酒や犯罪を犯した体験を書き込んでたからなんですけどね。
ばっさり言ってしまうなら、自業自得です。


が。
やっぱり子供の頃って悪ふざけをしてしまうものなんですよね。
人より目立ちたい、なにかを自慢したい、他人とは同じでいたくない・・・、
そういった欲求は、思春期の彼らにとってはごく当たり前の事だと思います。
それが乗じて日記に犯罪自慢とかしてしまっても、それそのものを責めるのは酷かもしれません。
それに、書き込まれてる内容のほとんどは「ウソ」かもしれませんしね。
目立ちたいがために嘘をつく。
これも子供によくある行動です。
まあ・・・17~18歳を子供と言っていいのかどうかはわかりませんけど。
でも今の時代、30すぎても中身は子供・・・って人もゴロゴロしてるようですし。

私的な意見としたら、犯罪を自慢する子供の心境も、それをネットで糾弾して叩き潰すVIPPERの心理も両方わかります。
というか、どちらも根っこは同じなんだと思います。

ふたつとも、要は目立ちたいのでしょう。
目立ちたい・・・というか、なにかをして世の中に影響を与えたいのでしょう。
声を出して周りの人に聞いて欲しい、私という存在は世間に影響を与える事が出来るのだと自覚したい。
そんな心理なのではないでしょうか。

ぶっちゃけ、電凸してる人の中に「正義感のために!」という人はいないでしょう。
もしいたとしても、それは間違いなくVIPPERではありません。
彼らはそんな安い感情とは無縁のはずなのです。
自分にも影響を及ぼすかもしれない電凸や店凸、
それでもそれをやるという原動力は、VIPPREとしての「使命感」なのでしょうね。

でも最近の一連の事件は、ちょっと行き過ぎな感もあります。
Mixiも2chと同じく、「便所の落書き」にすぎないはずだと思っています。
2chで「氏ね氏ね」「オレ、これから猫ころすわ」と書くのと、mixiで「万引きしちゃったぜー」と書いているのは同じはずです。
片方は責めて片方は「遊び」として楽しむ。
これもこれで「なんだかなあ・・・」と思ってしまいます。
ただ、2chと違うのはmixiが匿名ではない所。
一連の事件だって、mixiネームを完全偽名にしてれば問題なかったのですけどね。
やはり、ネットに個人情報をあげるのは本当に危険なのだとつくづく実感しました。


2chもmixiも、現実世界のストレス発散場所でいいんじゃないかと思います。
ある事ない事書きまくって、注目を浴びたいという目的で書いてもいいし、
他人と繋がっていたいという目的で続けてもいいし、
他人を誹謗中傷したいという欲求だって満たしていいと思います。
人間、誰もが聖人君子でいられるわけもないのですからね。
人を攻撃したいという欲求だって、それも立派な欲求です。

でも、それらを行うなら自己責任で。
多分、今の人達はそこを失念してるのでしょうね。
罵詈雑言日記を書きたいのなら書いてもいいのです。
でも、それによって起こる反論の悪評はしっかり自分で受け止める覚悟をしなきゃね。
極論を言えば、覚悟ができているのならなにをやってもかまわないのです。
ただ、そうやって自分勝手に好きにしたいのならば、他人の好き勝手な行動も認めなければなりません。
例えば、自分が書いた文章に対する批判とかですね。
他人が自分に対して批判したり悪意を持つ事も、それはその人の自由な行動です。
それを止める権利は誰にもないはずです。
そしてそれを認める覚悟がないのであれば、自己を押し殺して静かに生きましょう。
それはそれで間違った生き方ではないはずです。


好き勝手やるのなら、それによって起こる現象を全て認める大きな心を。
それを持つのが嫌なのなら、口を閉ざして自己を殺そう。
世の中、そうやっていくものなのだと思いますよ。


なんて、柄にもなくちょっと真面目に書いてみました。

*このエントリは、ブログペットの「とりのすけ」が書きました。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://whiswhis.blog46.fc2.com/tb.php/479-4b10d398
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。