スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CLANNAD 第20話「秘められた過去」

2008年03月07日 20:00

20080307174851.jpg

「お前に、レインボー!」

いろんな感想Blogで出回ってるだろうから、これ以上あえてツッコみません。
おまえに、れいんぼー。
しっかし、これ、生地になに練りこんでるんだろう…。


今回のOPには鳥肌でした。

20080307174733.jpg
「・・・冬の日の」

20080307174740.jpg
「幻想物語なんです」

20080307174708.jpg
すーきとーおーるぅ~



ああ、やっぱり凄いわ。
監督さんのCLANNADマニアっぷりがw

この場面、台詞の一字一句、場面演出、OPへの入りまでも、
すべて原作そのままにやっています。


という訳で。
CLANNAD 第20話「秘められた過去」の感想です。


今回は、古河家(とくに渚)の過去が語られる回でした。
秋生と早苗さんには夢があったのですが、渚の為に諦めざるを得なくなりました。
それは「夢」や「希望」に対して人一倍執着を持つ渚にとって、耐え切れないものなのかもしれません。
今まで人の夢の応援をして生きてきた彼女。自分の存在そのものが、それとはまったく逆の事をしていたなんて知ったら、辛いどころじゃないでしょうね。
言い換えればそういった過去があるからこそ、罪滅ぼしのように「人の夢を応援する」という行動を取り続けているのかもしれません。
出来事は忘れてしまっていても、そういった負い目はずっと感じ続けているようですしね。


古河家の妙にハイテンションで仲の良すぎる雰囲気について、Blog「ゲームやアニメについてぼそぼそ語る人」のピッコロさんの記事を読んで感銘を受けました。

秋生の渚への態度は、ある意味「腫れ物にさわる」ような接し方です。
「知ってしまえばショックを受けるだろうから、覚えてないのならあえて話す事もない」
これは「逃避」です。
きっといつか起きてしまうであろう「その日」を、ただ先延ばしにしているに過ぎません。

娘に対して「腫れ物にさわるような態度」で接する親と、そんな親に対して「覚えていない罪悪感」から遠慮をし続ける娘。
ピッコロさんが書かれていた通り、「家族に対しても敬語をつかう渚」は、そういった心境を表しているのかもしれませんね。

部外者の朋也からみれば、あきらかにおかしな家族関係の古河家の姿。
でも、それらはすべて相手の事を思っての行動なのです。
行動や表現の良し悪しは別として、根底にあるのはやはり「相手を愛しているから」なのですね。
なぜならば、3人は家族なのですから。

そして、同じように「逃避」をしている人がひとりいます。
朋也の父です。
彼の行動もまた、古河家と同じなのかもしれません。
愛しているからこその逃避…。
古河家の関係を見ていけば、それに朋也が気づく日が来るのでしょうか…。


って、まー。
どーみても話数たりねーがなっ…



本当に、アフターどうするんでしょう。

原作では、「冬の日の幻想物語です」の後からが本編という位置づけになっています。
それより前は序章なんですよね。
これからがCLANNADなんだけど、あと2話…。

もう間違いなく「渚ルート学園編」までで終わりでしょう。
そこで終わるのもキリがいいので良いんだけど、ぶっちゃけ「渚ルート学園編」単体としてのお話は、そんなに良いものではないんですよね(マテ
ことみルート(「おとうさん、おかあさん。おかえりなさい」ドバー(落涙))とか、風子ルート(「ひとで(春原&渚&杏)」ドバー)の方が泣けるお話です。

渚ルートに関しては、その後に大本編が待ち構えているから故のあの終わり方なのはわかります。
ええ、しょうがないです。
でも、だからこそ、アフターをやらないつもりのCLANNADで、渚ルートをラスト(最終回)に持って来たのは寂しかったなぁ…と。

渚学園編で終わってしまうなら、それはただの恋愛物語にしかなりません。
CLANNADが一番語りたいであろうテーマは、それ(恋愛)ではないのではないかと、私は思っています。

ただ、幻想世界の話を朋也が知っていると言ったり、秋生が夢の件を伏せたり、倒れて寝込む渚のカットが意味深なものになっていたりするので、アフターはいつかやるつもりなのかもしれません。
一時期噂になっていた「CLANNAD二期説」ですね。

でもなあ…。
二期っていうと、今回のが終わってから間を空けてスタートするんでしょ?
熱が冷めてしまいそうな気もして、怖いなあ。



熱と言えば、渚が倒れたシーンですが、

20080307175518.jpg

このカット、ものすごく不自然な感じがしませんか?

これは、熱を出していたのに、帰宅する両親を雪の中で待ち続けた渚が倒れてしまったシーンです。
秋生たちは慌てて渚を寝かし、医者を呼びました。
そしてこの状況。

とても不自然です。

きっと、これも伏線になるのでしょう。
っつか、アフター、やるならはやくやってくれ~。


と、欝にばっかりになっててもしょうがないので!

20080307175835.jpg
「コードネームおまるってことで」

20080307183634.jpg
「みぃたか! 早苗っ!」

20080307183727.jpg
「みぃたか! 渚っ!」


もうこの2人…
すごく…そっくりです…。






あと、風子やっぱかわえーわー。
(↑ちっちゃいこ好き。性的な意味で

20080307175013.jpg

すりら~すりら~



コメント

  1. 刹那 | URL | -

    このままいけばアフターは無いでしょうね・・・。
    演劇やって終わり・・・ということは古河家の家族愛で終わり。。。となるとやっぱり微妙ですよね~

  2. とりのすけ | URL | -

    >刹那さん
    ですよねえ…。
    このままだとアフターは絶対無理ですよね。

    まだ朋也と渚はちゃんと告白して付き合ってはないみたいなんだけど、最終回でどんな展開があるのかは楽しみです。

    アフターあるとしても、1年後とかだと…嫌ですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://whiswhis.blog46.fc2.com/tb.php/560-9fcb7d50
この記事へのトラックバック

CLANNAD 第20話「秘められた過去」

CLANNAD-クラナド-の第20話を見ました。第20話 秘められた過去学園祭で演劇を披露することが決まり、張り切る渚は発声練習を家の前の公園でやっていた。「あ、岡崎さん、どうしたんですか?」「姿が見えないから捜しに来たんだ。お前、毎晩こんな所で練習してるのか?」...

CLANNAD -クラナド- 第20話 「秘められた過去」

・・・残り2話ってまじですか。 もしかしてアフターなし?w 汐の話とかは(´・ω・`) とりあえず20話行きます。

CLANNAD 第20話

[関連リンク]http://www.tbs.co.jp/clannad/第20回 秘められた過去やりたい劇。渚は夜いつもの場所で演劇の練習をしていたそこへ朋也がやってくるそれを見て渚はここでの練習の理由を言う...

CLANNAD 第20話 「秘められた過去」

朋也「ちょっとは気をつけろよ、こんな時間に一人は危ないだろ」 確かに渚が一人で夜に外に出てたら危なっかしくて放っておけない気持ちも分...

CLANNAD-クラナド-  第20話「秘められた過去」

幻想世界=渚のやりたい劇 そういうことだったのか。 朋也が「覚えがある」ようですが、どう結びついていくのかですね。 学園祭での発表が楽しみ。 渚のやりたい劇の資料探しの朋也、春原と一緒に有紀寧を訪ねて図書室へ。お約束のおまじないも健在です。春原はあま...

CLANNAD-クラナド-第20話「秘められた過去」

秋生のおまえにレインボー!?

CLANNAD -クラナド- 第20回 『秘められた過去』

おのれ、製作スタッフ。書けというなら、書いてやるさ!!。 「春 原 の 格 好 良 さ は I Jo U !!」

CLANNAD -クラナド- 第20話 「秘められた過去」 感想-春原は人生

嫁補正お疲れさまです笑 徐々に明らかになっていく、渚の過去。 朋也と渚本当に幸せそうです。 でも、こっから何かあるんだろう?...

CLANNAD #20

ついに語られる古河パン設立の謎 CLANNAD 第20話

CLANNAD -クラナド- 第20話 「秘められた過去」

渚が演じたい話は、何度も出てきた幻想世界の話。 そして渚が忘れてしまったあの日の話を朋也は聞く。

CLANNAD 第20話

さて、クライマックスに向かってますねいつもの幻想世界ですがこれは渚がやりたかった劇の話なんですねなるほど言われてみれば・・・・でも渚はその物語をどこで知ったのかおぼえていないただ朋也も聞いたことのある話っていうのはちょっと気になりますねことみのときみた...

CLANNAD-クラナド-20話

クラナド・20話『秘められた過去』のレビューですヽ(*´∀` )( ´∀`*)ノ 秋 生 パ パ 大 暴 走 w w これはある意味でのネ申回であ...

CLANNAD第20話「秘められた過去」

 演劇部復活が認められた。最初自信が持てなかった渚に「がむしゃらに掴み取れ!」 発破を掛ける朋也に、担任教師が岡崎家に家庭訪問した。そこで父親の直幸は息子の進路について「決めるのは私ではない。朋也君は朋也君!」などとまるで他人事の発言をした。「俺は 同...

CLANNAD20話「秘められた過去」感想

渚の過去については少しだけ無理があるなぁと感じました。 病気だったんだからおとなしく家で待っていればよかったのに、 わざわざ外で待っ...

CLANNAD 第20話 「秘められた過去」

今週は渚の秘められた過去の思い出が明らかになりましたね! 明確には思い出せないけど、心に薄っすらと残っている両親への罪悪感… それ...

CLANNAD ~クラナド~ 第20回 「秘められた過去」

18禁じゃなくて良いからさぁ(´▽`*)アハハ 智代アフター ~It\'s a Wonderful Life~ CS Editionプロトタイプ 2007-01-25売り上げランキング : 147おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 今週は面白かったです(≧∇≦)b ゲーム原作を知らない私ですが「....

CLANNAD -クラナド- 第20話 「秘められた過去」

夢を追いかける。

【アニメ感想】CLANNAD 第20話 「秘められた過去」

今回は後日書き足すことを前提とした感想です。にしては長いケド(苦)。 古河家という“家族の在り方”にしみじみさせられ、 渚という少女の危うさに思いを馳せた、そんなCLANNAD 第20話でした。

CLANNAD 第20話 「秘められた過去」

公式よりあらすじ。と思ったけどまだ更新されてなかった 夜の公園で佇む岡崎と発声練習をする渚。ここにきてようやくOPか。 おまえにレ...

CLANNAD -クラナド-第20話「秘められた過去」

世界にたったひとり残された女の子 それは渚が小さいころに聞かされたお話しだった。

CLANNAD -クラナド- 第20話 「秘められた過去」 感想

時々声のレッスンを。どこかの公園と思いきや家の前でしたw

CLANNAD 第20回「秘められた過去」 お弁当といや、コレ

CLANNAD 第20回「秘められた過去」 渚の秘められた過去 しかしだね、歴史の裏ではそれに匹敵する重大なことが!   

CLANNAD -クラナド- 第20話 「秘められた過去」レビュー。

春原の背中に男を見ました♪ 自分の好感度を下げてでも友達に花を持たせる、 格好いいぞ春原☆



最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。