スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねつぼーそー

2008年07月28日 20:47

PCが熱暴走でブラックアウトしました…。
もう4~5年使ってるんだけど、こんなのは初めてだー。
かなり頻繁に画面が消えるので、今はケース開けて使ってます。
熱暴走ってホンマにするんやね。

と、いうわけ(?)で、今回もVF5Rの葵さんの話題を。


・送り落し(64P+G)が結構使えるかもしれない。
ホームの葵使いさんがやってたのを見たんだけど、
64P+Gで投げたら先行入力でバックダッシュ。
すると背を向けたまま近づくので、受身を取った相手に「背後P+G」と「背後P+K」で二択。
特に「背後P+G」はキャッチ投げなんで、下P暴れ以外の全てに勝てる感じ。
普通の打撃暴れも問答無用で掴むっぽい。
キャッチだから投げ抜けもされないし、強い。
相手が受身を取らなかったら、そのまま背後2KP→KKで追撃可能。強い。
Rからは寝っぱに6KKの一発目が当たらなくなってるんで、2KPPで。


・波返し(64P+K)がやっぱり使えるかもしれない。
「64P+KP寸止め→投げ」と「64P+KP出し切り」の二択がやっぱり強い。
対処法は「避け投げ抜け」なんだけど、その場合は64P+K→背後P+KPP。
64P+K一発止めは、寸止めに強引に割り込んでくる相手にも効果ありそう。
大抵、膝などのデカい打撃で割り込んでくるんで、背後P+Kでカウンターとれる感じ。
立ちPや下P、肘で割り込む相手には負けるけど、あんまり使ってこないよね。
「寸止め見てから…」など、様子をみてから打撃割り込みしてくる相手には、64P+K一発止め→背後P+Gで吸えないかな。
ちなみに64P+KがCHした時の「一発止め→背後P+K」は、最速避け抜けで避けられるんで注意。


・霞連掌(2KPP)が激しく使えるかもしれない。
「2KPP出し切り」と「寸止め投げ」が鬼。
今までの寸止め二択は、出し切りに大したリターンがなかったんだけど、
2KPPはCHで腹崩れになるから、かなり美味しい。
ガードする相手には「投げ」、投げ警戒で暴れる相手には出し切り。
ガードされて確反なしなのも強い。
若干、弱点もあるんだけど、そんなものは書きませんw


・突き足払い(1P)が中々オモシロイかもしれない。
1Pは下段半回転PでNH不利、CHでキリモミダウン。
ぶっちゃけ「劣化草薙」でしかないと思ってたんだけど、どうやらNHの不利が草薙より少ないようだ。
1Pノーマルヒット→天狗が、相手の打撃に勝った。
なにに勝ったのかはわからないが、発生15Fをカウンターで当てれるのなら不利は2~3F程度かも。
ちなみにNH時に2P打ったら2Pに負けたんで、五分は無い。
また、ひょっとしたら…確反がないかもしれない。


・橘(寸止め中P)が使えるような気がしないでもないかもしれない。
相手の投げを読んだら、草薙寸止めP。
これで投げをスカして派生P当てれないだろうか…。
CPUには決まるんだけど、人間相手じゃ無理かなあ。
葵は相手の投げを読んだ時の逆二択がなかったので、これが可能なら嬉しい。


・浮舟(寸止め中K)だって使えると声を大にして叫びたい。
壁貼り付けに寸止めKを当てると、不思議なダウン(壁ずり落ち)になってコンボ追撃可能。
3K→壁よろけ→66P→壁貼り付け→2K+G寸止めK→壁ずり落ち。
ずり落ちたらKPKなり6KKなり。P+K当ててバウンドも狙えるのかな。
他にも、壁よろけに寸止めKを当てると急所崩れになるのでコンボ可能。
64P+Kカウンター→壁→派生P寸止めKが崩れ確定かも。
カウンターじゃないと壁よろけにならないので注意。

立会いで生草薙寸止めKや、PPP2K寸止めKとか、今はまだ結構引っかかってくれるかも。



今日は弟子を育てようと思ってゲーセンに行ったら、ターミナルと繋がってなかったー。
セガサーバには繋がってるのに、ターミナルと不通ってのがあるんですね。
とりあえずKOTR進めました。最後のステージ(水月城)までいったぜ。
段位も4段まで昇格。
ジャンのカカト落し派生を覚えれず、スカったのを見てから突っ込んでやられまくりました。
技、おぼえないとなあ。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://whiswhis.blog46.fc2.com/tb.php/676-46715aee
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。