スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壁際の葵さん、その後

2008年08月29日 22:49

久々にバーチャ日記。

相変わらず、対戦者がおりもはん。
でも今日は金曜サービスデイ(1クレ2プレイ)なので数人のプレイヤーが。
でも対戦2本先取制になってたよ…。
いくら2プレイでも2本制はイヤだー。
2本だと事故って負ける事も普通にあるしな。


と、いうわけで。
葵のメモでも。

・壁際引き違い
あれから色々とやってみた結果、対人戦では使いモノにならないという結論に。
どうやら「普通にガード振り向き」をされると、壁に対して横向きに当たるので壁よろけにならないみたいです。
壁との距離や角度も関係してくるのかもしれないけど、安定しないモノを無理して遣う必要もなし。
引き違い(横)8or2からは、今まで通り生K当てて→壁よろけ→陰掌で充分です。

引き違い(後)4→壁は、距離によっては双掌打は確定みたい。
でもこれも安定はしないので、普通に陰掌でおk。
陰掌なら確定です。確定して崩れ→壁コンへ。
超回復でもガード無理なので、無理して双掌打使う事もないですね。
ダメージも7くらいしか変わらないし。

なにげに壁背負っての引き違い(後)→壁→陰掌は地味に厭らしく強い。
放り投げる距離が長いので壁に当てやすいが、あまりに遠いと陰掌がスカるので注意。
その時は横周肘当て(または波返→巌止)→壁で強制ダウン奪って、きっちり3Kで追い討ちを。ダウン投げでもおk。

一番使えない「引き違い(前)」からは、なにをすればいいのかわかんね。
普通にPK当てて二択(屈伸されるけど)か、横周肘当て→ダウンくらいか?
壁に追い詰めてるなら横周(or巌止)で壁あてて強制ダウン奪えますが、
それをやるなら普通に大木砕きで投げた方がダメージ高し。

壁際で引き違い(前)→衣車→(出し切り→壁よろけ)と(寸止め0F投げ)の二択…とか、
結局、無印の戦法が一番いいかも。

と、壁際の引き違いはかなり強いのですが、抜け方向が6なのが欠点。
昔のように生投げ派生なら非常に強かったのですが…。
なので、通常の立ち回りでは4と3投げを使って意識させつつ、
ここぞという時に6投げ(引き違い、大木砕き)を狙うといいかもしれませんね。
3投げならゆとり対策にもなるし。


・よろけにOM
各種よろけにOMですが、
両止よろけに即OMすると「ショートOM」しかでないので側面まで届きません。
っつーか、むしろ、相手に届きませんw
つかえねーー!
前ダッシュOMならいけなくはないけど、それならOMする意味がありませんよね…。
もちろん4K尻餅も、ショートになるので攻めれず。

肘よろけにOMはOK。
ミドルは当てた距離によって変わり、先端であててヨロケにはOMがショートになるので使えない。

とにかく、両止CH時にOMで攻めれないのは痛いなあ…。
一番起こりやすいシチュエーションだったのに。


・叢雲破(66K)
無印よりも使用頻度の上がった技。
VF5Rは「ぶっぱゲー」になってしまったと言われてますが、葵の場合はコレです。
特に「ガードしても確反がない上に、間合いが離れてしまう技」をガードした時に重宝。
っつか、葵には届く技がこれくらいしかありません。

例えばジャンの逆正拳突き(66P)ガード時は、最速コレと遅らせコレで。
バックダッシュは「出始め20Fはガード不能」らしいので、ガードされ後にBDする相手なら最速叢雲破が確定。
避け抜けするなら遅らせ叢雲破が確定(タイミング激シビア)です。
袖真剣を使って行きたい所ですが、袖は見た目よりかなりリーチが短いので届かず。
残念。

あとは前ダッシュ投げも使って行きたいんだけど、ダッシュしなくちゃいけない距離がかなり長いので反応される危険性もアリ。
その時は「ちょっとだけ前ダッシュみせといて叢雲破」とかひっかかってくれるかもしれませんね。

ただ、結局はただの「ブッ放し」なので、読み負けたら色々終わります。
ヤリすぎ注意。
とはいっても…逆正拳ガード時とか、これくらいしかやれる事ないんだけどな…。


・水鏡(敵背後P+G)
流旋(9or3P+K)寸止め→P+G。ネタ。
流旋寸止めすると背後向けなので、そこから即キャッチ投げ。
中→中連携なので案外決まりやすい。

流旋は成功避け属性があるらしく、出の遅い連携技をスカして割り込む事が可能。
例えば葵の横周肘当てに割り込んでスカせます。
…が、こっちの技もスカりますw 相手が通り過ぎてくのよね。
でもその場合は、寸止めして投げればおk。
相手が背後にいれば背後キャッチ、正面~横にいれば通常投げで勝手に投げてくれますヨ。

扇舞(4P)→水鏡。
扇舞→太刀風(中段全回転K)とキャッチ投げの二択。
OMで横から扇舞を当てれば、ガードされても太刀風が割られないので二択が完成。
ゆとり投げ抜けも出来ないのがイイネ。

正面ガードで扇舞をガードした時にPや肘で割り込んでくる相手に、
扇舞→派生天地でいなしてやろうと思ったら、まったくいなせずCH。
…この派生天地って、なにに使うんだ…おい。



Rはぶっぱゲーになってしまいましたね。
ぶっぱ技は、ガードされても投げ確P確程度。悪くて肘確。
投げは抜けれるし、P確でもそんな致命的なダメージを受ける訳じゃない。
で、ぶっぱ技が当たれば一気にごっそり体力半分近く奪える。
ダメージ効率で、ぶっぱ振り回してた方が強いんだそうです。

葵も袖や叢をブンブン振り回すのがいいのかなあ…。


最後に壁コンボ。

壁貼り付けには、立ちPを挟んでから66P+Kで壁ずり落ちにした方がダメージ高し。
立ちPで補正リセットですね。

生K→壁ヨロケ→66P→壁貼り付け→P→66P+K→壁ずり落ち→6KK→ダウン→3K(追い討ち)
100いきます。

ひょっとしたら、「引き違い(後)→壁→壁よろけ」に背後から66P刺さらんかな。
刺さって張り付けば、ジェフみたいな事も…。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://whiswhis.blog46.fc2.com/tb.php/708-ddc5ec29
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。