スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更年期障害

2008年09月04日 23:35

もーやらね。
もーバーチャやらね。

久しぶりにやってきたら、めっちゃくちゃ反応鈍くなってしまってました。
バーチャやってて一番切ないのは、わかってるのに反応できないって事。
「P投げ」とか「肘よろけに打撃と投げの直ニ」とか。
屈伸するなり下P打つなりすればいいってわかってるのに、反応できずに喰らっちゃう。

もー、とにかく今日はP投げ肘投げくらいまくって死んできました。
勝率5割目前(無印からの通算、2463勝2471敗くらい)だったのに、一気に10以上負け越しました。

わかってるのに喰らうって、もー自分に腹が立ってしょうがないね。
ちーくーしょー。
もーやらね。バーチャやらねw


とりあえず葵さんのちょっとしたメモとまとめ。

OM→6K+GPは連続側面ガード。
6K+GPはガードさせて葵4F有利なので、側面ガードなら7F有利。
直ニの打撃に袖神剣使っていけるし、ミドルと投げで二択ってもイイ。
6K+GP側面ガードからPPや64P+KPだせば連続側面なので、寸止め交えての側面攻めもいい感じ。
ただ、最速投げが横投げになるから、ゆとり投げ抜け一択で防がれそうですけどね…。

急所崩れには2P→33P+K→KPKが最大ダメージ。
急所崩れだと軽量級にしか安定しないけど、腹崩れなら中量級にも入ります。
頭崩れ・側面崩れには33P+K→2P→KPK。

66Kや天地6Pの叩きつけには、33P+K→2P→6KK(軽量級限定)。
中量以上には2KP→64P+KP→受身攻め。
なにげに2KP→KKとダメージが変わらないらしいので、受身攻めできる64P+KP締めの方がいいですね。

壁コンボは、「66P→壁」や「生KCH→壁」や「3KCH→壁」スタートで、
・43P+K→崩れ→2P→33P+K→壁貼り付け→P→66P+K→ずり落ち→6KK→ダウン→3K。
・43P+K→崩れ→2KP→壁→P+K→叩きつけ→6KK→壁→強制ダウン→3K
・43P+K→崩れ→33P+K→壁→33P+K→壁→64P+KP寸止めK→ずり落ち→6KK
・66P→壁貼り付け→64P+KP寸止めK→ずり落ち→6KK→ダウン→3K

下の2つは100オーバー。
一番下のは、最後の6KKをKPKにすれば6割近く持っていきます。
ただし、壁までの距離によっては回復ガードが間に合うので注意。


受身攻めは「天地6移動」からのn択が非常に強い。
天地6で近づいて派生Pと投げで二択。
天地6Pの判定がアホみたいに強いのか、片っ端から暴れを潰してくれますわ。


しっかし、やっぱり距離戦にはまだまだ弱いなあ。
草薙と陰掌のリーチが短くなったので、二択時にBD避けされると結構厳しいですね。
距離を離して戦う相手には、天地で待つしかないの…か?
強気の66Kと天地6特攻もやらないといけないのかな。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://whiswhis.blog46.fc2.com/tb.php/713-669ef9a7
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。