スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深夜の7時間

2008年11月12日 23:59

久しぶりにネットカフェにいってきた。
前は深夜の6時間パックが安くてよかったんだけど、
久々に行ってみたらなくなってたよ。
深夜は7時間パックオンリーに。

まあ、その7時間でも足りなくて30分延長しましたが…。

溜まりに溜まったジャンプとマガジンを読み漁り、
月マガとアフタヌーンとアルカディア(ゲーム誌)を読んできました。

少年マガジンで短期連載されてた「青春少年マガジン」が良かった。
1980年前後の少年マガジンを廻る漫画家たちの自伝…なんだけど、
当時の漫画家は本当に命を削るように漫画を描いてたんだね。
比喩でもなんでもなく、本当に命を削ってた。
有名漫画家の自殺なんて、珍しくなかったそうだ。
4日連続徹夜して原稿をしあげ、1日眠ってまた次週のネーム切り。
それで体壊して若くして死んだ漫画かも数多いそうです。
本当に、激務だな…。

「一回売れたら次も売れないと」…というプレッシャーに負けて精神おかしくする人や、
頑張っても頑張っても売れなくてうつ状態になる漫画家など、
クリエイター系の仕事は、するもんじゃないな。いやホント。


ジャンプはもう読むものがないです。
ある意味、マガジンの方が本来の意味での「少年漫画」なのかもしれない。
ジャンプは…なんか少年漫画というよりも同人漫画っぽくなっちゃってる感じ。
それが良いのか悪いのかはわからないけど。
新連載の中だと、外科医師の漫画はまだ読めるね。


ネカフェがアニメ原作フェアやってて、かんなぎの原作漫画もおいてありました。
読んでみたけど…あれってシリアスになるんだ。
ラブコメギャグ漫画だと思ってたよ。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://whiswhis.blog46.fc2.com/tb.php/778-352446bd
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。